マイケル・キートン最新作はB'wayに挑む元ヒーロー俳優の物語 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が4月10日に公開 - 2015年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「バードマン」1 メイン

拡大する

© 2014 Twentieth Century Fox

このほかの写真も見る

マイケル・キートン主演の映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が、4月10日(金)に公開される。

本作でキートンが演じるのは、かつて、スーパーヒーロー“バードマン”に扮し大スターとして活躍していた俳優リーガン。バードマンは今もなお大人気のキャラクターだが、リーガンは失意のどん底にいた。そんな彼が再起を懸け、レイモンド・カーヴァーの文学作品「愛について語るときに我々の語ること」の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立とうとするのだが……。

落ちぶれたスター俳優が、家族の愛と人生を取り戻そうと、奮闘する姿が描かれる本作。キートンは、「バットマン」で人気を博した自身のキャリアを連想させるリーガン役に挑戦している。共演には「インクレディブル・ハルク」のエドワード・ノートン、「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーンと、アメコミヒーロー映画に出演した俳優たちに加え、演技派ナオミ・ワッツが顔をそろえる。

監督は「バベル」でカンヌ国際映画祭監督賞に輝いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキとのタッグで見せる映像にも注目だ。

先日発表された「第72回ゴールデン・グローブ賞」では、主演男優賞(コメディー/ミュージカル部門)と脚本賞を受賞。「第87回アカデミー賞」では作品賞、監督賞など、ウェス・アンダーソン監督「グランド・ブダペスト・ホテル」と並ぶ、最多9部門にノミネート。そして、同賞の前哨戦といわれる「第26回アメリカ製作者組合賞」を受賞し注目を集めている。

公開は15年4月10日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

この記事の写真

  • 映画「バードマン」1 メイン
  • 映画「バードマン」2
  • 映画「バードマン」3
  • 映画「バードマン」4
  • 映画「バードマン」5
  • 映画「バードマン」6
  • 映画「バードマン」7
  • 映画「バードマン」8
  • 映画「バードマン」9 ポスター
  • 映画「バードマン」予告編

インフォメーション


映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

【スタッフ】監督=アレハンドロ・G・イニャリトゥ
【キャスト】マイケル・キートン/ザック・ガリフィナーキス/エドワード・ノートン/アンドレア・ライズボロー/エイミー・ライアン/エマ・ストーン/ナオミ・ワッツ

2015年4月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6997