スーザン・ストローマン演出・振付 METライブビューイング『メリー・ウィドウ』予告編が到着 - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
METライブビューイング『メリー・ウィドウ』

▲ 『メリー・ウィドウ』

拡大する

アメリカ・ニューヨークの名門メトロポリタン・オペラ(MET)で上演されるオペラ公演が、映画館のスクリーンで楽しめる「METライブビューイング」。その今季第6作として上映される、レハール作曲のオペレッタ『メリー・ウィドウ』の予告編が到着した。

同作は、美しくリッチな未亡人ハンナと公使館書記官ダニロのラブ・ストーリーをコメディー・タッチで描いたもの。今回、ブロードウェイで人気の演出・振付家スーザン・ストローマン(『プロデューサーズ』)の新演出で送る。舞踏会やキャバレーの場面に花を添える数々のダンスを、ストローマンがどう振り付けるかに注目だ。

舞台・衣裳・照明デザインもストローマン作品でおなじみの面々が集結。指揮を、グラインドボーン音楽祭やシカゴ・リリック・オペラの音楽監督など要職を歴任している、アンドリュー・デイヴィスが担う。METの花形ソプラノ、ルネ・フレミング(ハンナ)とブロードウェイで活躍する歌姫ケリー・オハラ(ヴァランシエンヌ)との競演にも期待しよう。

なお、本日2月2日発売のシアターガイド3月号・海外ページでは、同作でオペラの演出・振付に初挑戦した、ストローマンの現地インタビューを掲載中。さらに、鑑賞券のプレゼントも実施しているのでチェックしていただきたい。

インフォメーション


METライブビューイング『メリー・ウィドウ』

【スタッフ】作曲=フランツ・レハール 指揮=アンドリュー・デイヴィス 演出・振付=スーザン・ストローマン
【キャスト】ルネ・フレミング/ネイサン・ガン/ケリー・オハラ/アレック・シュレイダー/トーマス・アレン ほか

2015年2月21日(土)〜27日(金)
新宿ピカデリー、東劇ほか全国にて上映

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7004