瀬戸康史がDステに3年ぶりに登場 末満健一脚本×岡村俊一演出『夕陽伝』が上演 - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
瀬戸康史

▲ 瀬戸康史

拡大する

D-BOYSの舞台公演「Dステ」の第17弾公演『夕陽伝』が今秋開催されることとなった。

脚本・演出には、末満健一&岡村俊一のタッグを迎える本作。主演は、12年の『淋しいマグネット』以来、約3年ぶりのDステ出演となる瀬戸康史が務める。そのほか、鈴木裕樹、高橋龍輝、荒井敦史、池岡亮介、前山剛久らD-BOYSメンバーに加え、元メンバーの遠藤雄弥、若手俳優の宮崎秋人が顔をそろえる。

■瀬戸康史
役者として10年。この節目となる年に今作に出会い、自分たちが主体となってつくるDステに3年ぶりに出演することに何か意味があるように感じますし、同時に責任も感じています。脚本の末満健一さん、演出の岡村俊一さんとは初めてご一緒しますし、役者陣も芝居に熱い、曲者ぞろいなので楽しみです。そして今作は、今、この時代を生きる僕ら、そして観客の皆さまの心に響くメッセージが詰まった作品になると確信しています。ぜひ、作品や登場人物からあふれ出る思いを感じに来てください。

公演は、東京・サンシャイン劇場、大阪・森ノ宮ピロティホールにて。

*記事中の宮崎秋人の崎は正しくは「立つ崎」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7005