名鉄ホールが3月末で営業終了へ - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

名鉄百貨店は、27日、名古屋駅前の劇場「名鉄ホール」の営業を3月末で終了することを発表した。照明や音響など、老朽化した舞台設備の改修には2億円以上が必要と見込まれ、その費用を回収できないと判断したという。

同劇場は57年7月にオープン。名鉄百貨店の8〜10階に入居し、客席数は約920席。天津乙女らが出演した宝塚歌劇によるこけら落とし公演で幕を明け、御園座、中日劇場と並ぶ名古屋三大劇場の一つとして親しまれた。

4月以降は一般向けの興行は行わず、株主総会や入社式など、名鉄グループで自社利用される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7009