梅田彩佳&田野優花主演 ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』稽古場会見 - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ウィズ』会見 1 後列左から吉田メタル、仲宗根梨乃、阿知波悟美、岡本知高、佐賀龍彦、施鐘泰、エハラマサヒロ、前列左から瀬戸カトリーヌ、梅田彩佳、陣内孝則、宮本亜門、田野優花、小柳ゆき、増田セバスチャン

▲ 後列左から吉田メタル、仲宗根梨乃、阿知波悟美、岡本知高、佐賀龍彦、施鐘泰、エハラマサヒロ、前列左から瀬戸カトリーヌ、梅田彩佳、陣内孝則、宮本亜門、田野優花、小柳ゆき、増田セバスチャン

拡大する

『ウィズ』会見 2 梅田彩佳

▲ 梅田彩佳

拡大する

『ウィズ』会見 3 田野優花

▲ 田野優花

拡大する

このほかの写真も見る

スーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』の稽古場会見が、9日、都内にて行われた。

12年の初演同様、ヒロインのドロシー役をAKB48グループのメンバーからオーディションで選出、初演時話題を呼んだ多彩なスタッフも再集結した。

会見での主なコメントは以下の通り。

■宮本亜門(演出)
いよいよ再演です。もともとこれがスタートしたのは、阪神大震災を機に若い人が未来を信じにくい世の中になっていたころ、何か今までにない新たなものをつくってやろうという意気込みで上演しました。この作品は黒人を主演に置き、この時代を変えるんだ、時代はもっともっと自分たちで変えられるんだと、いう勢いを持った名作です。初演同様に最後はお客さまたちが一斉に立ち上がってキャストと一緒に盛り上がるような、最高の舞台をつくりたいと思っています。そして、今回はどうしてもWキャストにしたいとわがままを言わせていただきました。新たなドロシーに新たなキャストと、最高の布陣をそろえて臨みます。

■増田セバスチャン(美術監修)
前作に引き続いて美術監修に携わらせていただきます。この作品はすごく思い入れがある作品です。まさか演劇にかかわれるなんて思ってもいなかったのですが、前回から3年経ちましたので、新しいエッセンスを含みながら亜門さんの演出を後ろから支えられるような気持ちで楽しみたいと思っています。素晴らしいキャストにも恵まれまして、新しいことが起こる予感がしています。前作よりもすごく良くなることを各人に期待しています。

■梅田彩佳(NMB48)Wキャスト
選ばれてすごくうれしいです。稽古も楽しくて、毎日ハッピーで、毎日エハラさんにも笑わせていただいています(笑)。笑いが絶えない雰囲気を本番でも出せればと思っています。
稽古をしながらどんどん自分を見せていけるようになりたいです。

■田野優花(AKB48)Wキャスト
この役をオーディションでつかみ取って、この作品に携われることを光栄に思っています。こんな豪華な方たちとお仕事をさせていただくのは初めてなので、AKB48の名に恥じないように、これからもっともっと成長して頑張りたいと思います。

■佐賀龍彦
初ミュージカルになります。このような大役をいただいて光栄に思っています。キャストの方、宮本亜門さん、みなさん素晴らしい方ばかりに囲まれていて、勉強させていただきながら刺激を受けている毎日です。皆さんに少しでも追いつけるように、素晴らしい舞台の一員として恥ずかしくないように、これからも頑張っていきたいと思います。

■施鐘泰(JONTE)
亜門さんの舞台は2回目なんです。今回は130パーセント力を出しきれればと思っています。ブリキ役としてしっかりドロシーを最後まで守っていきたいと思います。

■エハラマサヒロ
僕は初演もやらせていただいたんですけど、今回もライオン役をやらせていただけるということで。亜門ちゃん、ありがとね!(一同爆笑)

■岡本知高 Wキャスト
普段は高いソプラノの声で歌っておりますが、今回チャンスをいただきまして、極悪の魔女を肉厚の力で演じたいと思います。二人のドロシーをどれだけいたぶれるか、よくしゃべるライオンをどれだけいじめられるか楽しみに参ります。宮本亜門さんの作品に初めて出演させていただきますので、初心を持って演じたいです。

■阿知波悟美 Wキャスト
ついこの間まで若手と言われておりました。陣内大先生よりはちょっと若いのですが……。若い人たちの足を引っ張らないように、パワーを全開にして、でも高血圧にならないように頑張りたいと思います(笑)。

■小柳ゆき
再演の話をいただいて光栄に思っております。前回は出番が6分でギャラ泥棒と呼ばれておりまして、申し訳ないなという気持ちがあるんですけれども(一同笑)、みなさんの足を引っ張らないようにグリンダを楽しく演じたいと思っております。

■瀬戸カトリーヌ
初演の時はファンの皆さんがキャスト一人ひとりにアルバムをつくってくださって、本当にお客さんに愛された作品だと思いました。ヒロインのドロシーを旅立たせるというすてきな役で、とてもエネルギーが必要です。今回のドロシーは二人とも個性的で、稽古をするたびに私にも新しい発見があります。皆さんぜひ劇場にきて見比べてください。

■仲宗根梨乃
前回は振付だけだったのですが、今回は舞台に出演させていただくということで、楽しみながら、苦戦しながら、自分も少しずつ進んでいるというお勉強の日々です。今回はアンサンブルのダンサーもパワフルで素晴らしい皆さまがそろっていますし、自分自身すごくインスパイアされています。皆さまも何かを感じられると思うので、ぜひ観てください!

■吉田メタル
ここにいる皆さまは選ばれるべくして選ばれた皆さまだと思っております。こんな時代だからこそみんなで何かを追いかけること、人を信じること、そして、何かに一生懸命になることはとてもすてきなんだということを表現できればと思います。

■陣内孝則
この素晴らしい作品にまた呼んでいただき、とてもうれしいです。私の顔をかたどった大きな仕掛けの登場シーンがあるのですが、初演時にそれが出来た時点で、また絶対再演に呼ばれるだろうと確信を持っておりました(一同爆笑)。今回はまた新しいキャストを迎え、最年長としてひっぱって行かなければと思っております。

この記事の写真

  • 『ウィズ』会見 1 後列左から吉田メタル、仲宗根梨乃、阿知波悟美、岡本知高、佐賀龍彦、施鐘泰、エハラマサヒロ、前列左から瀬戸カトリーヌ、梅田彩佳、陣内孝則、宮本亜門、田野優花、小柳ゆき、増田セバスチャン
  • 『ウィズ』会見 2 梅田彩佳
  • 『ウィズ』会見 3 田野優花
  • 『ウィズ』会見 4
  • 『ウィズ』会見 5

インフォメーション


■大阪公演
2015年4月4日(土)・5日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

■愛知公演
2015年4月18日(土)・19日(日)
・会場=愛知県芸術劇場 大ホール

■福岡公演
2015年4月25日(土)・26日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7039