「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」が始動 アンバサダーに市川猿之助が就任 - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」市川猿之助

▲ 市川猿之助

拡大する

「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」隈取UT

▲ 隈取デザインのTシャツ

拡大する

松竹とユニクロは、日本の伝統芸能である歌舞伎を、服を通じて現代のポップカルチャーとして世界に発信する「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」を発表。そのプロジェクトアンバサダーには歌舞伎俳優の市川猿之助が就任する。

本プロジェクトでは、猿之助の屋号である「おもだか屋」の紋や、歌舞伎の衣裳、隈取などをモチーフとした商品を販売。デザインは、ユニクロのTシャツブランド「UT」のクリエイティブ・ディレクターを務めるNIGOが手掛け、猿之助は監修も務める。ラインアップはUTのほか、STETECO&RELACOやバンダナ、トートバッグなど、男女ともに楽しめるものがそろうという。

商品は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、14の国と地域で展開。3月20日(金)よりフランスで発売がスタートし、日本では3月26日(木)から発売予定。

■市川猿之助
世界へ向けたこの新しいプロジェクトに、アンバサダーとして参画させていただけることを光栄に思います。私もいろいろとアイデアを出させていただきましたが、歌舞伎に伝わる色や文様などを織り交ぜながら、それが現代の最先端をいくユニクロさんと手を組むことによって、何か新しいものが発信できたのではないかと思っています。一つのブームが起こるとうれしいと思います。皆さまも手に取ってこの商品を感じてみてください。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7044