堀北真希、山本耕史、戸田恵子 新たな切り口で立ち上げる『嵐が丘』製作発表会 - 2015年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『嵐が丘』会見 1 左から戸田恵子、堀北真希、山本耕史

▲ 左から戸田恵子、堀北真希、山本耕史

拡大する

このほかの写真も見る

5月に日生劇場で上演される舞台『嵐が丘』の製作発表会が、18日、都内で行われた。

原作は、世界の十大小説の一つといわれる、19世紀の作家エミリー・ブロンテの同名小説。イングランド北部の荒野に立つ“嵐が丘”という名の屋敷を舞台に、そこに住むキャサリン(堀北真希)と孤児ヒースクリフ(山本耕史)の愛を、語り部ネリー(戸田恵子)の視点で描いた作品だ。1939年に初めて映画化され、その後何度も舞台化されてきた本作だが、今回は、原作の魅力に立ち返って舞台化するという。

会見には出演する堀北、山本、戸田、そして脚本・演出のG2が登壇し、意気込みを語った。

■G2(脚本・演出)
今までの(『嵐が丘』の)舞台は、映画版に沿ってつくられたものが多いのですが、実は原作の小説が大変な力作で。今回は、そのエミリー・ブロンテが小説で描こうとした、人間の凄まじいまでの生に対する気迫や、人と人とのつながりの強さといった、現代人が失っている何か大切なものに気付かされるような面を、大きく掘り下げていきたいと思っています。脚本にかんしていえば、キャサリンを主軸に構成し、小説のせりふを9割ぐらいそのまま使うつもりです。また、映画版は(二世代の話のうち)一世代で物語が終わってしまっているんですが、その二世代分をうまく取り入れる方法を見つけたので、喜んでいるところです。それから、ネリーという役は、舞台・映画化する際、かなり縮小されることが多いんですが、実は彼女を通したキャサリン、ヒースクリフ(の描かれ方)がとっても重要。これらのポイントをすべて押さえられるよう、見直しました。
名作ということで取っ付きにくさもありますので、演出はビジュアルを重視したいと思っています。また、楽団を入れた生演奏で、俳優の(心の)揺れに合わせて音楽も揺れていくようにするつもりです。場面転換も、歌舞伎などで使うテクニックを使ったりして、あっと驚くような仕掛けを考えています。かなりのせりふ量、そして激しい演出になると思うので、このお三方(堀北、山本、戸田)は大変かとは思うんですが、それだけ見応えのある作品になるのではと考えております。

■堀北真希 キャサリン・アーンショー役
私は普段、おっとり、まったりとしているタイプなので、頑張って役づくりして、強い女性を演じられればなと思っております。「嵐が丘」は世界の十大小説と言われる作品ですので、皆さんの期待を裏切らないように頑張りたいです。実はこれまで内容を知らなかったので、映画を観たり、簡略化されたものを読んだりしながら相関図を描いて勉強しました。登場人物が多くて複雑なので、自分が演じるキャサリンについてはまだあまり具体的にはイメージできていないのですが、まずは全体をつかめたらな、と今は思っています。

■山本耕史 ヒースクリフ役
今、(G2の)お話で、非常に大変だということを聞きまして……(笑)。この感じだとせりふが多い雰囲気なんですけど、僕は、最初にいろいろつくり込むタイプではなく、その場で相手の声を聞いたり、目を見たりして、どういうふうにくるのかを大事にしながら役をつくり上げていくので、そんなに心配していません。それに舞台は大変だからこそ良いものができると信じているので、すてきな作品になるんじゃないかなと思います。人間としても俳優としても尊敬している堀北さん、戸田さんとご一緒できますので、僕も前に進めるように頑張りたいと思います。

■戸田恵子 ネリー・ディーン役
こういった大作というか、不朽の名作、悲劇と言われているような作品に出るのは初めてです。あえてのチャレンジです。信頼のおけるG2さん、そして堀北さん、山本君、頼もしい役者さんたちとできるということ、そして、日生劇場という私のあこがれの劇場に立てるということが、私の背中を押してくれました。意気込みっていうのは、いつも意気込まないこと、というふうに自分では思っているので、フェードイン(笑)というか、静かに入っていけたらなと思っております。正式な台本をいただいて、何回か読むことがあると思いますが、その時にどれくらい(ネリーの)“思い”が出てくるかなっていうのを自分でも楽しみにしています。今は、自分のことは何一つ浮かんでこないんですけど、(堀北)真希ちゃんのキャサリンと(山本)耕史君のヒースクリフはすごく絵に浮かんでくるんですね。なので、いいんじゃないかなと思っております。

この記事の写真

  • 『嵐が丘』会見 1 左から戸田恵子、堀北真希、山本耕史
  • 『嵐が丘』会見 2 堀北真希
  • 『嵐が丘』会見 3 山本耕史
  • 『嵐が丘』会見 4 戸田恵子
  • 『嵐が丘』会見 5 G2
  • 『嵐が丘』会見 6 左からG2、戸田恵子、堀北真希、山本耕史、我孫子正

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7052