龍真咲コンサート、月組若手のバウホール公演、宙組全国ツアーが決定 宝塚歌劇団秋のラインアップが発表に - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、6日、今秋開催の公演ラインアップを発表した。

月組トップスターの龍真咲は、ドラマティック・ドリーム『DRAGON NIGHT‼』と題したコンサートを開催。クラシック、ロック、ゴスペルなど、多彩なジャンルの音楽を盛り込んだ第1部「龍JIN」、ストーリー性を持たせたドラマティックな構成の第2部「真JITSU」、宝塚歌劇の名曲を歌い継ぐ第3部「HANA咲」という3部構成で、龍ならではのパワフルでダイナミックなステージを送る。

そして、宝塚バウホールでは、月組・朝美絢&暁千星主演のBOW WORKSHOP『A-EN(エイエン)』が決定した。タイトルは、月組若手スター・朝美&暁=“A”による“EN”(エンターテインメント)という意味。アメリカン・ハイスクールのダンスパーティー“プロム”をめぐる、若者たちの葛藤や淡い恋模様を描き出すミュージカル『PROM LESSON(プロム・レッスン)』と、月をテーマとしたショー『A-EN MOONRISE(エイエン・ムーンライズ)』の2本立てだ。なお『PROM〜』は、朝美主演版・暁主演版の、朝美と暁がそれぞれ違ったキャラクターを演じる、2バージョンを送る。

また、朝夏まなと&実咲凜音率いる宙組は、サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ』、ロマンチック・レビュー『シトラスの風III』で全国を巡る。『メランコリック〜』は、1920年代のヨーロッパを舞台に、陽気なジゴロたちが一攫千金を企む夢物語を、笑いとペーソスの中に描いたミュージカル作品。93年に安寿ミラ主演で花組により初演され、08年と10年に同組の真飛聖主演で再演された人気作だ。『シトラスの風III』は、98年の宙組誕生時に上演されたレビュー。今回は朝夏のために新たなテイストも加えたものになるとのことだ。

インフォメーション

宝塚歌劇月組
『DRAGON NIGHT‼』

【スタッフ】作・演出=藤井大介
【キャスト】龍真咲 ほか

大阪公演
2015年9月1日(火)〜13日(日)
・会場=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
・一般前売=7月5日(日)開始
・料金=全席指定7,800円

東京公演
2015年9月18日(金)〜23日(水)
・会場=文京シビックホール
・一般前売=8月9日(日)開始
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,000円


宝塚歌劇月組
BOW WORKSHOP『A-EN(エイエン)』

【スタッフ】作・演出=野口幸作
【キャスト】朝美絢(8月29日〜9月7日主演)、暁千星(9月14日〜23日主演) ほか

2015年8月29日(土)〜〜9月23日(水)
・会場=宝塚バウホール
・一般前売=朝美主演版:7月25日(土)/暁主演版:8月8日(土)開始
・料金=全席指定5,300円


宝塚歌劇宙組
サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ−あぶない相続人−』
ロマンチック・レビュー『シトラスの風III』

【スタッフ】『メランコリック〜』作・演出=正塚晴彦 『シトラスの風III』作・演出=岡田敬二
【キャスト】朝夏まなと/実咲凜音 ほか

2015年10月10日(土)〜11月8日(日)の期間、愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール、東京・オリンパスホール八王子、千葉・市川市文化会館ほかにて上演

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7086