三上博史主演、行定勲演出で清水邦夫作『タンゴ・冬の終わりに』が上演決定 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

清水邦夫作『タンゴ・冬の終わりに』が、三上博史主演&行定勲演出でPARCO劇場にて上演される。

日本海に面した町の古びた映画館を舞台に、狂気に陥った元俳優・清村盛らの姿を描いた本作。84年に平幹二朗の主演と、蜷川幸雄の演出で同劇場で初演された。

同劇場での上演は、86年以来29年ぶりとなる今回。三上のほか、キャストには、倉科カナ、神野三鈴、岡田義徳、有川マコト、小椋毅、梅沢昌代、ユースケ・サンタマリアが名を連ねる。

インフォメーション

『タンゴ・冬の終わりに』

【スタッフ】作=清水邦夫 演出=行定勲
【キャスト】三上博史/倉科カナ/神野三鈴/岡田義徳/有川マコト/小椋毅/梅沢昌代/ユースケ・サンタマリア ほか

2015年9月
・会場=PARCO劇場

10月に地方公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7093