桑野晃輔&荒牧慶彦ら出演 極上文學第8弾『草迷宮』が開幕 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
極上文學『草迷宮』開幕 5

拡大する

日本文学にフォーカスを当てた朗読劇シリーズ「極上文學」の第8弾『草迷宮』が、18日に紀伊國屋ホールにて開幕した。

“読み師”と“具現師”による表現、配役の組み合わせが全公演異なる“マルチキャスティング制”といった独自の手法で、名作の世界観を立体的に再構築する同シリーズ。今回は、寺山修司監督による映画版でも知られる、泉鏡花の「草迷宮」を取り上げる。

主人公の明役は、桑野晃輔と荒牧慶彦が日替りで演じる(荒牧は菖蒲役も担当)。そのほかキャストには若手から実力派までが集い、鏡花が生んだ“迷宮世界”を舞台上で立体的に表現する。

東京公演は24日(火)まで。大阪公演は、4月10日(金)から12日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて行われる。

この記事の写真

  • 極上文學『草迷宮』開幕 1
  • 極上文學『草迷宮』開幕 2
  • 極上文學『草迷宮』開幕 3
  • 極上文學『草迷宮』開幕 4
  • 極上文學『草迷宮』開幕 5
  • 極上文學『草迷宮』開幕 6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7107