作品世界を舞台に再現 詠舞台『蟲師』が上演中 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
詠舞台『蟲師』 1

▲ 「野末の宴」より

拡大する

詠舞台『蟲師』 9

▲ 小林愛(左)と中野裕斗

拡大する

このほかの写真も見る

漆原友紀の人気漫画「蟲師(むしし)」を原作とした、詠舞台(よみぶたい)『蟲師』が、18日よりスパイラルホールにて上演中だ。

「この世はヒト知れぬ生命にあふれている−−。」“蟲”とは、動物とも植物とも異なる、生命の根源に近い存在。そんな蟲たちと人間をつなぐ“蟲師”である主人公ギンコが、旅の途中で蟲が及ぼすさまざまな現象と、それにまつわる人びとと出会っていくさまを描いた本作。原作は、99年から08年まで講談社「月刊アフタヌーン」で連載された同名漫画だ。独自の世界観で好評を博し、05年には長濱博史監督によりテレビアニメ化。現在もアニメ版の続編が放映されるなど、連載が終了した今なお多くのファンの心をつかんでいる人気作だ。

この「蟲師」を“ライブで再現”する本公演。原作とアニメスタッフの全面協力に加え、270度にわたって視界をおおうビデオマッピングやインターネット中継でのAR活用など、最新テクノロジーを駆使して作品世界に挑んでいる。

今回は、1回の公演で「緑の座」「雨がくる虹がたつ」「一夜橋」「野末の宴」「花惑い」「鏡が淵」のエピソードのうち2つを上演。中野裕斗、小林愛、土井美加のメインキャストのほか、各演目には、三瓶由布子(「緑の座」)、前田剛&松山鷹志(「雨がくる虹が立つ」)など、アニメ版に登場した面々が顔をそろえる。

公演は29日(日)まで。

同じ記事の写真

  • 詠舞台『蟲師』 1
  • 詠舞台『蟲師』 2
  • 詠舞台『蟲師』 3
  • 詠舞台『蟲師』 4
  • 詠舞台『蟲師』 5
  • 詠舞台『蟲師』 6
  • 詠舞台『蟲師』 7
  • 詠舞台『蟲師』 8
  • 詠舞台『蟲師』 9

インフォメーション

詠舞台『蟲師』

【スタッフ】原作=漆原友紀「蟲師」(講談社刊) 舞台原案=長濱博史 制作総指揮・演出・脚本=中村和明(ワムハウス)
【キャスト】中野裕斗/小林愛/土井美加
特別キャスト=「緑の座」三瓶由布子 「雨がくる虹がたつ」前田剛/松山鷹志 「一夜橋」加古臨王/稲村優奈 「野末の宴」上村祐翔 「花惑い」宮本充/石川由依 「鏡が淵」白石晴香

2015年3月18日(水)〜29日(日)
・会場=スパイラルホール
・一般前売=1月17日(土)開始
・料金=全席指定7,800円

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7112