舞台版『NARUTO』開幕で“2.5次元ミュージカル専用劇場”がオープン - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『NARUTO』開幕 1 左から伊藤優衣、佐藤流司、松岡広大、須賀健太

▲ 左から伊藤優衣、佐藤流司、松岡広大、須賀健太

拡大する

『NARUTO』開幕 5 松岡広大

▲ 松岡広大

拡大する

このほかの写真も見る

アニメ・漫画・ゲームなどを原作とした演劇作品を上演する“2.5次元ミュージカル専用劇場”として「AiiA 2.5 Theater Tokyo」が、新たにオープン。そのこけら落とし公演であるライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』が、21日に開幕した。

国内だけでなく、海外ファンへ向けても同ジャンルの作品を観られる環境づくりを目指している同劇場。海外観光客を対象に眼鏡型のウェアラブル端末を使った字幕システムを導入している。字幕は英語・中国語・フランス語・韓国語に対応し、利用者はそれぞれに字幕の文字サイズや表示位置を調整することが可能。また、海外からチケットを購入できるサイトも開設する。

こけら落とし公演『NARUTO』は、里一番の忍者「火影(ほかげ)」を目指す少年・うずまきナルトが、仲間たちとぶつかり合いながらも成長していく姿を描いた、岸本斉史の大ヒット漫画が原作。芝居や歌、ダンスに加え、アクロバットやさまざまなギミック(特殊演出)を駆使し、忍術バトルを舞台上に再現している。

公演初日を翌日に控えた20日、一部シーンの公開と併せて囲み会見が行われ、ナルト役で主演を務める松岡広大は「日本だけでなく、世界中で愛されている作品なので不安や緊張はありますが、自分たちもファン以上に愛を持って作品に携わっていきたいと思っています」と意気込みを見せた。

続いて、サスケ役の佐藤流司、サクラ役の伊藤優衣は「“ライブ・スペクタクル”とはどういうものかを、お客さんに肌で感じていただきたい」(佐藤)、「お客さんと一緒に『NARUTO』の世界をつくっていきたい」(伊藤)とコメント。漫画が大好きだったという我愛羅役の須賀健太は「舞台に携われることを誇りに思っています。あとは衣裳のひょうたんを壊すことなく千秋楽を迎えたい(笑)」と笑わせた。

また、松岡が「今までにないエンターテインメントができたらと感じているので、世界基準で戦えるカンパニーになったと思います」と自信を覗かせると、佐藤も「いろいろな楽しみが盛りだくさん。本番ではお客さんに絶対に“おお!”と言わせる自信があります」と胸を張った。

今回の舞台では、ナルトたちの少年期から「終末の谷」までと、漫画27巻までのドラマを舞台化している。脚本・演出を手掛けた児玉明子は「一部エピソードをカットしていますが、『NARUTO』には“大切な人がいるからこそ生きていける”という一貫したテーマが流れているので、そこを軸にまとめてみました」と明かした。

そして、海外ファンへの意識について問われた際には、カナダ・モントリオール留学の経験がある児玉が「フランス語圏ですが移民も多く、言葉が分からなくても楽しめる作品がいろいろあった。本作ではせりふはいっぱいありますが、せりふが分からなくても楽しめるような展開の早い演出にできたら」と語った。

最後に、日本2.5次元ミュージカル協会代表理事の松田誠(ネルケプランニング代表取締役)は「漫画やアニメではない“ライブ”であることをどう体感してもらうか、キャスト・スタッフが日々相談してやってきました。この舞台版をぜひ体感しに来てください」とアピールし会見を締めくくった。

東京公演は4月5日(日)まで。公演は、福岡、大阪、宮城、東京凱旋の国内ツアーのほか、マカオ、マレーシア、シンガポールを巡るワールドツアーも行われる。

この記事の写真

  • 『NARUTO』開幕 1 左から伊藤優衣、佐藤流司、松岡広大、須賀健太
  • 『NARUTO』開幕 2 左から松田誠、伊藤優衣、佐藤流司、松岡広大、須賀健太、萩島宏、本間道幸
  • 『NARUTO』開幕 3
  • 『NARUTO』開幕 4
  • 『NARUTO』開幕 5
  • 『NARUTO』開幕 6
  • 『NARUTO』開幕 7
  • 『NARUTO』開幕 8
  • 『NARUTO』開幕 9

インフォメーション


■福岡公演
2015年4月10日(金)〜12日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■大阪公演
2015年4月17日(金)〜19日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

■宮城公演
2015年4月23日(木)〜25日(土)
・会場=多賀城市民会館 大ホール

■東京凱旋公演
2015年4月29日(水・祝)〜5月10日(日)
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo

各公演とも
・料金=全席指定S席7,500円/A席5,000円

■マカオ公演
2015年5月22日(金)〜24日(日)
・会場=ベネチアンシアター

■マレーシア公演
2015年5月30日(土)・31日(日)
・会場=マレーシアインターナショナルエキシビジョン&コンベンションセンター

■シンガポール公演
2015年6月6日(土)・7日(日)
・会場=リゾートワールドシアター

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7116