人気漫画「東京喰種」が小越勇輝主演で舞台化 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
小越勇輝

▲ 小越勇輝

拡大する

石田スイの漫画「東京喰種 トーキョーグール」が、小越勇輝主演で舞台化される。

11年9月から14年9月まで集英社「週刊ヤングジャンプ」にて連載され、現在、続編「東京喰種 トーキョーグール:re」が連載中の本作。累計発行部数は1200万部を突破し、本日最終回を迎えるテレビアニメ版第2期「東京喰種トーキョーグール√A」も好評を博している。

舞台は、人間の死肉を喰らって生きる種族“喰種(グール)”が潜む、現代の東京。ある事故をきっかけに喰種の内蔵を移植され“半喰種”となってしまった主人公・金木研が、人間と喰種の狭間で葛藤し、もがき苦しみながらも生きようとする姿を描いたダーク・ファンタジーだ。

演出は茅野イサム、脚本は御笠ノ忠次がそれぞれ手掛ける。

公演は7月に東京と京都で開催予定。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7121