日米のアニー役が対面 ミュージカル『アニー』の黒川桃花&前田優奈がNY訪問 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
アニーNY訪問 左からクワベンジャネ・ウォレス、黒川桃花、前田優奈

▲ 左からクワベンジャネ・ウォレス、黒川桃花、前田優奈

拡大する

このほかの写真も見る

4月から上演されるミュージカル『アニー』でアニー役を務める黒川桃花&前田優奈が、物語の舞台であるニューヨークを訪れ、今年公開された映画版「ANNIE/アニー」でアニー役を演じたクワベンジャネ・ウォレスと対面した。

最初は、あこがれのハリウッド・スターを前に緊張した様子の黒川と前田だったが、ウォレスは二人に積極的に話し掛けたりハイタッチをしたりと、ムードを和やかにしてくれた。

そして、3人のアニーはお互いのプレゼントを交換。黒川と前田からは、手書きの色紙やひげのおもちゃ、レインボールームの手作りブレスレットなどをプレゼント。ウォレスからは、映画版の日本未発売Blu-rayや映画に登場する日本犬サンディのミニぬいぐるみなどがプレゼントされた。

約9,000人の応募者の中から選ばれた黒川と前田の二人。オーディションを受ける時の気持ちを尋ねるとウォレスが「楽しんでいる。家で練習をしたり、脚本を読んだり、ディレクターがどんなことを望んでいるのか考えたりするけど、そういうのが好きなの」と語った。黒川は「私たちはすっごく緊張して心臓が口から飛び出しそうになります」と明かすと、ウォレスも「分かるわ! 怖いしね。私はそんなに緊張するタイプじゃないんだけど、それでも胃がムズムズするわ」と応えた。

また、ウォレスはアニーを演じた時のことを「役になりきるのはとっても楽しかった。自転車に乗ったり、ダンスをしたり、演技をしたりやりたいことができたので楽しんでできたわ」と振り返った。

劇中曲の中では、ウォレスは“I Think I'm Gonna Like It Here”が、黒川と前田は“Hard knock life”が好きとのこと。ウォレスは「“Hard knock life”は楽しい曲だったけど、撮影の順番では最後だったし、振付もきちんと踊らなきゃいけないので大変だったの」と明かした。

その後も、お互いに飼っているペットの話や、映画の好きなシーンや好きなキャラクターで盛り上がった3人。最後は一緒に代表曲“トゥモロー”を歌い楽しいひとときを過ごした。

ミュージカル『アニー』は4月25日(土)から、新国立劇場 中劇場ほかにて上演。映画「アニー/ANNIE」のBlu-ray&DVDは5月20日(水)に発売される。

この記事の写真

  • アニーNY訪問 左からクワベンジャネ・ウォレス、黒川桃花、前田優奈
  • 『アニー』2015年 ビジュアル
  • 映画「アニー/ANNIE」ジャケット

インフォメーション

丸美屋食品ミュージカル
『アニー』

【キャスト】黒川桃花、前田優奈/三田村邦彦/木村花代/崎本大海/甲斐まり恵/青木さやか ほか *一部、スマイル組・トゥモロー組のWキャスト

■東京公演
4月25日(土)〜5月17日(日)
・会場=新国立劇場 中劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,800円
*4月27日(月)14:00開演の回のみS席6,500円/A席6,800円

大阪、福岡、愛知、新潟でのツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7135