市川海老蔵は乙姫&鬼役に 宮沢章夫×宮本亜門『ABKAI 2015』製作発表会 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ABKAI 2015』会見 1 左から宮沢章夫、市川海老蔵、宮本亜門

▲ 左から宮沢章夫、市川海老蔵、宮本亜門

拡大する

このほかの写真も見る

6月にBunkamuraシアターコクーンで行われる市川海老蔵第3回自主公演『ABKAI 2015』の製作発表会見が行われ、海老蔵、宮沢章夫、宮本亜門が登壇した。

宮沢(脚本)&宮本(演出)とタッグを組み、第1回公演で昔話「花咲か爺さん」を題材とした歌舞伎を上演した海老蔵。今回、再びこの3人が集結し、「浦島太郎」と「桃太郎」をモチーフにした新作歌舞伎『竜宮物語』『桃太郎鬼ヶ島外伝』を上演する。

海老蔵は「多くの方に観ていただきたいのはもちろんですが、やはり小さい子にも観て分かってもらえることがテーマ。一つひとつの作品を丁寧につくって、それを数珠つなぎにすると面白いものになっている。昔話ってこう楽しめるんだなと思っていただければ」と語った。

宮本は「スタッフがどんどんアイデアを出し合う打ち合わせは、皆さんに公開したいくらい面白い」と創作現場の様子を伝え、「前回の『花咲か爺さん』、今回の『浦島太郎』『桃太郎』、そして、あと1回の公演でもう2演目をやる予定。前回にも登場している“鬼石”各話をつなぐ要素になっていて、この5つの物語が、一つの大きな昔話になっています」と構想を明かした。

「海老蔵さんとの仕事は想像できなかったことだった。やってみて面白かったし、いろいろな可能性が感じられた」と前回の公演を振り返ったのは宮沢。「“昔話”という同じ空間・次元に、『浦島太郎』や『桃太郎』のそれぞれの話があって、別の話の登場人物が現れてもおかしくないという考えです。そこからの話づくりが面白くなってきました」と、手応えを感じている様子だ。

「花咲か爺さん」では、主人公のお爺さんではなく、犬を演じた海老蔵。この会見で宮本は、海老蔵が今回も主人公ではなく「浦島太郎」では乙姫を、「桃太郎」では鬼を演じることを発表した。

この配役を聞いた海老蔵は、乙姫については「結構キレイになっちゃうと思いますよ(笑)」と自信を覗かせ、鬼については「普段通りやればいいのかな(笑)。普段の歌舞伎では、勧善懲悪で勝つ側なので、ここでは負け側を演じて普段見せない表情を出したい」と意欲を見せていた。

さらに、「鬼は5色の鬼でそれぞれに個性を持った鬼になる。乙姫は妖艶な女性のイメージ」(宮本)と、「亀はタートルズみたいな亀軍団でカッコいいですよ」(宮沢)とそれぞれ付け加え、自由な発想を垣間見せた。

また、報道陣から「創作において気を付けていることは?」と問われると、宮沢は「せりふを長くしないこと。僕は現代劇しか書いたことがなかったので、前回はせりふが異常に長いと言われた。説明は一言で簡潔に言えるんじゃないかとか、考えて書いています。そこは現代劇にも応用できることなんだろうなと感じてます」と語った。宮本は「家族で楽しめるものにすること。歌舞伎的な面白さは存分に入れながら、世代を超えて楽しんでもらえるものにしたい。あとは、海老蔵さんがこのキャラクターですので、とにかく僕は大人になろうと。ほかの現場ではいつも自分は子どもでいられるんだけどなあ(笑)」と、会場を笑わせた。

この記事の写真

  • 『ABKAI 2015』会見 1 左から宮沢章夫、市川海老蔵、宮本亜門
  • 『ABKAI 2015』会見 2 市川海老蔵
  • 『ABKAI 2015』会見 3 宮沢章夫
  • 『ABKAI 2015』会見 4 宮本亜門
  • 『ABKAI 2015』会見 5 左から宮沢章夫、市川海老蔵、宮本亜門

インフォメーション

市川海老蔵 第三回 自主公演『ABKAI 2015』
新作歌舞伎『竜宮物語』新作歌舞伎『桃太郎鬼ヶ島外伝』

【スタッフ】脚本=宮沢章夫 演出=宮本亜門
【キャスト】市川海老蔵/市川右近/片岡市蔵/市川九團次 ほか

2015年6月4日(木)〜21日(日)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン
・チケット発売中
・料金=全席指定 一等席11,000円/二等席8,000円/三等席5,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7139