「第二章」上演決定の発表も 舞台『K』DVD発売記念イベントが開催 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『K』DVDイベント 1 左から鈴木拡樹、茉莉邑薫、南圭介、荒牧慶彦、松田凌、寿里、植田圭輔、荻野可鈴、松崎裕

▲ 左から鈴木拡樹、茉莉邑薫、南圭介、荒牧慶彦、松田凌、寿里、植田圭輔、荻野可鈴、松崎裕

拡大する

このほかの写真も見る

昨年8月に上演された舞台『K』のDVD発売記念イベントが、東京国際フォーラム ホールCで開催。会場には、約1,000名ものファンが詰めかけた。

さまざまな企画が用意されていた同イベント。キャストたちは自己紹介の後、松田凌&荒牧慶彦「愛妻弁当チーム」、荻野可鈴&松崎裕「大きい小さいチーム」、寿里&茉莉邑薫「カクテルチーム」、鈴木拡樹&南圭介「ボスメガネ&イヤメガネ」の4チームに分かれ、得点を競うこととなった。

まずは、各キャストの名場面ダイジェスト映像を見て、公演を振り返りながらクロストーク。このトークにはNGワード(英語)が設定されていたが、そのことを忘れてしまうほどにキャストたちのトークは盛り上がりを見せた。そして、このコーナーでは最もNGワードが少なかった荻野・松崎ペアがリードした。

ダイジェスト映像が終わったところで、スペシャルゲストとして急きょ植田圭輔が会場に駆け付けるというサプライズが。植田も加わり、ジェスチャーゲームのコーナーがスタートした。荻野や茉莉邑など女性陣が健闘を見せる中、苦戦を強いられる男性陣。中でも鈴木は自身の演じた役に近づけているのか、終始やる気の感じられないジェスチャーを展開し、ペアの南の奮闘もむなしく0ポイントで終了した。結果は、荻野&松崎に植田を加えた「大きい小さい小さいチーム」が、圧倒的な勝利で総合優勝を飾った。

最後は、キャストそれぞれがあいさつをしてイベントは終了……、したかに見えたが、舞台上から出演者がいなくなったのと同時に「舞台『K』第二章 開催決定!」の特報が発表に。2つ目のサプライズでイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

公演は今年8月に東京と大阪で開催されるとのこと。スタッフ・キャストなどの詳細は未定だが、ファンは今後の情報をチェックしておこう。

この記事の写真

  • 『K』DVDイベント 1 左から鈴木拡樹、茉莉邑薫、南圭介、荒牧慶彦、松田凌、寿里、植田圭輔、荻野可鈴、松崎裕
  • 『K』DVDイベント 2 左から鈴木拡樹、茉莉邑薫、南圭介、荒牧慶彦、松田凌、寿里、植田圭輔、荻野可鈴、松崎裕
  • 『K』開幕 3 松田凌
  • 『K』開幕 12 荒牧慶彦(左)と松田凌
  • 『K』開幕 1 左から寿里、亜里沙、植田圭輔、松田凌(手前)、松崎裕(奥)、荒牧慶彦(手前)、荻野可鈴(奥)、中村誠治郎、茉莉邑薫、南圭介、鈴木拡樹

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7161