小野寺修二、矢内原美邦らが文化庁・文化交流使に - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文化庁は13日、日本の芸術や文化を諸外国に紹介する「文化交流使」に、小野寺修二、矢内原美邦ら7名を指名した。

小野寺は、ベトナムなどにて作品発表やワークショップのほか、今後の共同制作に向けての現地リサーチを行う。矢内原はマレーシア、タイなど東南アジアにおける女性アーティストの現状リサーチを行い、現地クリエイターたちとの共同制作を実施する。

このほか今回は、青木涼子(能×現代音楽アーティスト)、畠山直哉(写真家)、藤田六郎兵衛(能楽笛方 藤田流十一世宗家)、柳原尚之(近茶流嗣家、「柳原料理教室」副主宰、料理研究家)、吉田健一(「吉田兄弟」、津軽三味線奏者)が選ばれている。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7173