元・東宝演劇部プロデューサーの古川清さんが死去 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

元・東宝演劇部プロデューサーで、アルモニーサンク北九州ソレイユホール前館長の古川清(ふるかわ・きよし)さんが、20日、間質性肺炎のため死去した。75歳だった。

喜劇俳優・古川ロッパの長男として生まれ、66年の第4期帝国劇場開場当時から、プロデューサーとして舞台製作を担当。『スカーレット』(70年)、『シカゴ』(85年・86年)、『レ・ミゼラブル』(87年日本初演)、『ミス・サイゴン』(92年日本初演)などの製作を手掛け、76年上演の『ピピン』では演出も務めた。

03年までプロデューサーとして東宝演劇部に在籍し、11年3月から15年3月まで北九州ソレイユホール館長を務めた。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7192