長谷川博己主演×園子温監督「ラブ&ピース」が6月に公開 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「ラブ&ピース」 1 メイン

拡大する

映画「ラブ&ピース」 2

拡大する

長谷川博己が主演を務める、園子温監督の最新作「ラブ&ピース」が6月より公開される。

長谷川が演じるのは、ロックミュージシャンの夢に挫折したサラリーマン・鈴木良一。会社では“廃棄”と書かれたシールを貼られたり、思いを寄せる同僚・寺島裕子とまともに話すことができなかったりと、うだつの上がらない日々を過ごしていた。人生に足りない“欠片(ピース)”を探していた良一だったが、ある日、運命的なものを感じペットにしていた一匹のミドリガメ“ピカドン”をトイレに流してしまったことからその人生が一変する……。

園が映画監督を夢見る無名の若者だったころに書き下ろしたという本作。今回、25年の時を経て、ほぼ当時のままの内容で映像化が実現した。「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」「地獄でなぜ悪い」など話題作を送り出してきた園。監督自ら「この映画は俺の魂の集大成だ」と語る本作は、“血が出ない! 誰も死なない! エロくない! しかしながら、園監督らしい超展開はそのままに体験できる”エンターテインメント作品に仕上がっているとのこと。

そして、クライマックスに登場する“愛(ラブ)”を背負った巨大怪獣や、ファンタジックな地下世界に住むキャラクターたちが登場したりと、園作品には珍しくほぼCGを使わない特撮を駆使したユニークな映像にも注目だ。

共演には、ヒロイン・裕子を演じる麻生久美子、物語の鍵を握る謎の老人を演じる西田敏行のほか、渋川清彦、奥野瑛太、マキタスポーツ、深水元基、手塚とおる、田原総一朗、水道橋博士、宮台真司、茂木健一郎、津田大介、真野恵里菜、神楽坂恵、松田美由紀とバラエティー豊かなキャストたちが集結。

また、特撮キャラクターたちの声を星野源、中川翔子、犬山イヌコ、大谷育江と個性的な面々が務めている。

映画は、6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて全国ロードショー。

インフォメーション


映画「ラブ&ピース」

【スタッフ】監督・脚本=園子温
【キャスト】長谷川博己/麻生久美子/渋川清彦/奥野瑛太/マキタスポーツ/深水元基/手塚とおる/松田美由紀/西田敏行
声の出演=星野源/中川翔子/犬山イヌコ/大谷育江

2015年6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて全国ロードショー

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7194