今井雅之が大腸がんのため『THE WINDS OF GOD』を降板 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今井雅之が、大腸がんのため、5月1日(金)から全国公演を予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』を降板することを発表した。

今井は公式サイトにて降板を報告。昨年、大腸を患い検査を行ったところ大腸がんが発覚し緊急手術を行ったとのこと。現在は、抗がん剤による治療とリハビリを進めているという。

今井は「舞台上での発声に限界があり、お客さまに完璧な状態で舞台をお見せすることができません。“こんな兄貴見せられない!”と判断し、舞台出演を断念する決断に至りました。ホンマ悔しくて悔しくてたまりません!」と心境をつづり、謝罪の言葉とともに「今は治療を第一に、絶対に元気になり舞台に戻って参りたいと思っております! WINDSは自分の魂です。ご来場いただいたお客さまに絶対に満足していただける自信があります!」と復帰を誓っている。

代役は重松隆志が務める。また、5月7日(木)の宮城・仙台電力ホール、5月20日(水)の愛知・名古屋市芸術創造センター、5月30日(土)の沖縄・那覇市ぶんかテンブス館での公演が中止となった。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7195