カプコンの人気ゲームが舞台でコラボ 舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』が8月に上演 - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『戦国BASARA vs Devil May Cry』ビジュアル

拡大する

『戦国BASARA vs Devil May Cry』山口大地(左)と鈴木拡樹

▲ 山口大地(左)と鈴木拡樹

拡大する

カプコンの人気ゲーム「戦国BASARA」と「Devil May Cry」のコラボレーションが舞台で実現。8月に舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』として、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。

ゲーム発売10周年を迎え、舞台版シリーズも好評を博している「戦国BASARA」と、シリーズ累計1300万本以上を誇る「Devil May Cry」の個性的な人気キャラクターが一つの舞台で相見える。謎の遺跡に現れた悪魔を追って、「Devil May Cry」のダンテたちが群雄割拠の戦国時代に。彼らが伊達政宗や真田幸村など「戦国BASARA」の武将たちと出会うストーリーだ。

『戦国BASARA』のキャストは、伊達政宗役に山口大地、真田幸村役に松村龍之介、前田慶次役に伊阪達也と、舞台版でおなじみのメンバーが決定。『Devil May Cry』は、主人公・ダンテ役を鈴木拡樹、ダンテの双子の兄バージル役を南羽翔平、そして、悪の化身であるプロトタイプ・ネロアンジェロ役を吉田友一がそれぞれ担う。

インフォメーション

舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』

【スタッフ】原作=CAPCOM(「戦国BASARA」シリーズ、「Devil May Cry」シリーズ) 構成・演出=宇治川まさなり
【キャスト】鈴木拡樹/山口大地/南羽翔平/松村龍之介/伊阪達也/桜田航成/小谷嘉一/谷口賢志/吉田友一 ほか

2015年8月20日(木)〜30日(日)
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo
・一般前売=7月5日(日)開始
・料金=全席指定7,500円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7208