渡辺謙が主演男優賞にノミネート 「第69回トニー賞」候補が発表に - 2015年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『巴里のアメリカ人』

▲ 『巴里のアメリカ人』

拡大する

『ファン・ホーム』

▲ 『ファン・ホーム』

拡大する

『王様と私』渡辺謙

▲『王様と私』渡辺謙

拡大する

このほかの写真も見る

「第69回トニー賞」のノミネーションが、日本時間の28日夜に発表された。

ミュージカル部門では『巴里のアメリカ人』と『ファン・ホーム』が、並んで今年最多12のノミネートを獲得した。51年公開の同名映画をもとにした『巴里の〜』は、第2次世界大戦後のパリを舞台にした男女のロマンスをガーシュイン兄弟の楽曲に乗せて描いた新作。オフ・ブロードウェイから進出した『ファン・ホーム』は、レズビアンの作家アリソン・ベクダルによる自伝的グラフィックノベルをもとに、マイノリティーとして生きる父親とすれ違ったまま永遠の別れを迎えた娘の心の旅をつづったものだ。次いで、エリザベス朝時代の演劇界を舞台にしたコメディー『サムシング・ロッテン!』が10ノミネートとなっている。

そして、『王様と私』でブロードウェイ・ミュージカル初出演を果たした渡辺謙が主演男優賞にノミネート。同作はこのほかリバイバル賞、演出家賞、主演女優賞など計9部門の候補に挙がり、好評価を得ている。

プレイ部門では、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの『ウルフ・ホール 2部作』が最多8部門にノミネート。辣腕政治家トマス・クロムウェルを主人公にしたヒラリー・マンテルの歴史小説をもとに、16世紀イギリス宮廷の内情を暴いている。

そのほか、『ラスト・シップ』で楽曲賞にノミネートされたスティング、『エレファント・マン』でプレイ部門主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー、ウエストエンド発『オーディエンス』でプレイ部門主演女優賞候補となったヘレン・ミレンなどにも注目だ。

授賞式は、ニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールにて、現地時間の6月7日(日)夜に開催。授賞式の司会は、自身もミュージカル部門主演女優賞候補となっているクリスティン・チェノウェスとアラン・カミングの二人に決定した。

なお、日本ではWOWOWプライムにて6月8日(月)8:00より生中継される。

この記事の写真

  • 『巴里のアメリカ人』
  • 『ファン・ホーム』
  • 『王様と私』 2 渡辺謙
  • 『エレファント・マン』ブラッドリー・クーパー
  • 『オーディエンス』ヘレン・ミレン
  • 『スカイライト』ビル・ナイ(左)とキャリー・マリガン

インフォメーション

「第69回トニー賞」主な部門のノミネーション

【ミュージカル部門】

■最優秀作品賞
『巴里のアメリカ人』
『ファン・ホーム』
『サムシング・ロッテン!』
『ザ・ヴィジット』

■最優秀ミュージカル脚本賞
クレイグ・ルーカス
(巴里のアメリカ人)
リサ・クロン(ファン・ホーム)
ケリー・カークパトリック/ジョン・オファレル(サムシング・ロッテン!)
テレンス・マクナリー(ザ・ヴィジット)

■最優秀楽曲賞
『ファン・ホーム』(作曲=ジャニーン・デゾーリ 作詞=リサ・クロン)
『ラスト・シップ』(作詞作曲=スティング)
『サムシング・ロッテン!』(作詞作曲=ウェイン・カークパトリック&ケリー・カークパトリック)
『ザ・ヴィジット』(作曲=ジョン・カンダー 作詞=フレッド・エッブ)

■リバイバル賞
『王様と私』
『オン・ザ・タウン』
『20世紀号に乗って』

■最優秀男優賞
マイケル・サーヴェリス(ファン・ホーム)
ロバート・フェアチャイルド(巴里のアメリカ人)
ブライアン・ダーシー・ジェイムズ(サムシング・ロッテン!)
渡辺謙(王様と私)
トニー・ヤズベック(オン・ザ・タウン)

■最優秀女優賞
クリスティン・チェノウェス(20世紀号に乗って)
リアン・コープ(巴里のアメリカ人)
ベス・マローン(ファン・ホーム)
ケリー・オハラ(王様と私)
チタ・リヴェラ(ザ・ヴィジット)

■最優秀助演男優賞
クリスチャン・ボール(サムシング・ロッテン!)
アンディ・カール(20世紀号に乗って)
ブラッド・オスカー(サムシング・ロッテン!)
ブランドン・ウラノウィッツ(巴里のアメリカ人)
マックス・ヴォン・エッセン(巴里のアメリカ人)

■最優秀助演女優賞
ヴィクトリア・クラーク(ジジ)
ジュディ・キューン(ファン・ホーム)
シドニー・ルーカス(ファン・ホーム)
ルーシー・アン・マイルズ(王様と私)
エミリー・スケッグス(ファン・ホーム)

■最優秀演出賞
サム・ゴールド(ファン・ホーム)
ケイシー・ニコロウ(サムシング・ロッテン!)
ジョン・ランドー(オン・ザ・タウン)
バートレット・シャー(王様と私)
クリストファー・ウィールドン(巴里のアメリカ人)

【プレイ部門】

■最優秀作品賞
『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(脚本=サイモン・スティーヴンス)
『侮辱された者』(脚本=アヤド・アフタル)
『ハンド・トゥ・ゴッド』(脚本=ロバート・アスキンス)
『ウルフ・ホール 2部作』(脚本=ヒラリー・マンテル/マイク・ポールトン)

■リバイバル賞
『エレファント・マン』
『スカイライト』
『青春・最終章〜僕たちの決算〜』
『我が家の楽園』

■最優秀男優賞
スティーヴン・ボイヤー(ハンド・トゥ・ゴッド)
ブラッドリー・クーパー(エレファント・マン)
ベン・マイルズ(ウルフ・ホール 2部作)
ビル・ナイ(スカイライト)
アレックス・シャープ(夜中に犬に起こった奇妙な事件)

■最優秀女優賞
ジェニヴァ・カー(ハンド・トゥ・ゴッド)
ヘレン・ミレン(オーディエンス)
エリザベス・モス(ハイジの年代記)
キャリー・マリガン(スカイライト)
ルース・ウィルソン(星ノ数ホド)

■最優秀助演男優賞
マシュー・ビアード(スカイライト)
K・トッド・フリーマン(エアライン・ハイウェイ)
リチャード・マッケイブ(オーディエンス)
アレッサンドロ・ニヴォラ(エレファント・マン)
ナサニエル・パーカー(ウルフ・ホール 2部作)
マイカ・ストック(イッツ・オンリー・ア・プレイ)

■最優秀助演女優賞
アナリー・アシュフォード(我が家の楽園)
パトリシア・クラークソン(エレファント・マン)
リディア・レナード(ウルフ・ホール 2部作)
サラ・スタイルズ(ハンド・トゥ・ゴッド)
ジュリー・ホワイト(エアライン・ハイウェイ)

■最優秀演出賞
スティーヴン・ダルドリー(スカイライト)
マリアン・エリオット(夜中に犬に起こった奇妙な事件)
スコット・エリス(我が家の楽園)
ジェレミー・ヘリン(ウルフ・ホール 2部作)
モリッツ・ヴァン・シュテュルプネイゲル(ハンド・トゥ・ゴッド)


「生中継!第69回トニー賞授賞式」

【キャスト】案内役=宮本亜門/八嶋智人 スペシャル・サポーター=井上芳雄

WOWOWプライム:2015年6月8日(月)8:00〜

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7216