ももクロが初舞台に挑戦 舞台『幕が上がる』が開幕 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『幕が上がる』開幕 1 左から有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

▲ 左から有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

拡大する

『幕が上がる』開幕 3 百田夏菜子

▲ 百田夏菜子

拡大する

『幕が上がる』開幕 8 左から有安杏果、玉井詩織、高城れに、百田夏菜子、佐々木彩夏

▲ 左から有安杏果、玉井詩織、高城れに、百田夏菜子、佐々木彩夏

拡大する

このほかの写真も見る

人気アイドルグループ・ももいろクローバーZが初舞台・初主演に挑戦する『幕が上がる』。その公演初日の前日に、会見と公開舞台稽古が行われた。

平田オリザの同名小説を原作とし、2月に公開された映画版に続き、本広克行演出×ももクロ主演のタッグで送る本作。初舞台への挑戦に、リーダー・百田夏菜子は「本音としては、生き生きとした声が届くのは、まだ客席の半分くらいまでという感じ。本番では、一番後ろのお客さんまで届くように頑張りたいと思います」と緊張の面持ちだ。

続く玉井詩織も「慣れないことばかりだし、普段のライブとは雰囲気が全然違うだろうし、すごくドキドキしてます。本広克行さん、平田オリザさん、出演者のみんなと一緒に一生懸命つくってきたので成功させたい」とコメント。「ももクロでは“噛み噛み番長”と呼ばれているほど滑舌が悪くて、せりふをちゃんと伝えられるのか不安」と話した有安杏果も「ドーム公演をやらせてもらったことはありますが、この会場がとてつもなく広く感じていています。オリザさんからすごくすてきなせりふをいただいたので、ちゃんとお客さんに届けられたら」と意気込みを見せた。

高城れには「映画の中で(演劇部顧問の)吉岡先生が言っていた“答えはすべて稽古場の中にある”という言葉を思い出しながら頑張れたら」と気を引き締めると、佐々木彩夏は「普段、メンバーから声がデカいと怒られるんですけど、声が大きくても怒られない現場ですごくうれしいです(笑)」と場を和ませた。

稽古場での様子を問われると、本広は「集中してましたね。本当におふざけなしでつくりたかったし、舞台女優としてもすごいところを見せたかった。オリザさんのせりふは緻密で難しい掛け合いのものですが、それを再現するところまできている」と仕上がりに胸を張った。

一方、百田は「厳しかったです……」と心境を述べ「本当に手探りだったし、短い期間でせりふを入れなければいけない時は、メンバー全員での協力体制でした。“演劇部”を“ケーキ”とか違う言葉に変えたりとか、遊びの要素も入れたりして必死に覚えました」とエピソードを明かした。玉井も「今回は、舞台上で『銀河鉄道の夜』の稽古をするので、演技に入る時とそうでない時の切り替えがすごく難しい」と苦労をのぞかせた。

舞台版の脚本は、平田自らが執筆している。平田作品ならではの“同時多発会話”にも挑戦した佐々木は「日常的な会話が本当にいろいろと繰り広げられていて、しかもどの会話も面白くて。私がお客さんだったらどれを聞いていいか迷ってしまうくらい」と見どころを紹介。

また、原作や映画でも描かれていなかった中西の背景を演じる有安は「びっくりしました。中西さんにこんなエピソードがあったんだなって。中西さんだけでなくて、日本のみんなが心の中に思っているだろうという言葉あって、ちゃんと私が代表して皆さんに届けて、胸に刺さればいいなと思います」と気合を入れていた。

そして、演劇に打ち込む女子高生たちを演じる彼女たちに「演劇は楽しいですか?」という質問が飛び出すと、メンバーは皆「今は初めてのことで楽しむ余裕がない」と答えたが、百田は「私たちは常にいろいろな新しいことをやらせてもらっていますが、初めから楽しかった思い出が一度もないので(笑)。でも、これが今までにない達成感につながって、終わった時には“またやりたいな”って思えるように頑張りたいと思います」と意欲を見せた。

残念ながら、24日(日)千秋楽まで前売チケットは全日程完売となってしまっているが、会見の最後には、千秋楽公演のライブビューイングが実施されることが発表に。そのライブビューイングも、本広がディレクションを手掛けるという。本広は「今回はガチの舞台なので、劇中ではモノノフ(ももクロファン)さんはサイリウム禁止。ですが、カーテンコールではサイリウムで舞台と観客席が一つになるという演出ができればと考えています。カーテンコールでは皆さんのサイリウムできれいな映像を収められたら」とアイデアを明かした。

なお、2日(土)発売の本誌「シアターガイド」6月号では、表紙・巻頭特集で本公演を特集している。メンバーのインタビューや平田・本広の対談、稽古場レポなどを掲載中だ。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『幕が上がる』開幕 1 左から有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに
  • 『幕が上がる』開幕 2 本広克行
  • 『幕が上がる』開幕 3 百田夏菜子
  • 『幕が上がる』開幕 4 玉井詩織
  • 『幕が上がる』開幕 5 高城れに
  • 『幕が上がる』開幕 6 有安杏果
  • 『幕が上がる』開幕 7 佐々木彩夏
  • 『幕が上がる』開幕 8 左から有安杏果、玉井詩織、高城れに、百田夏菜子、佐々木彩夏
  • 『幕が上がる』開幕 9
  • 『幕が上がる』開幕 10 玉井詩織(左)と百田夏菜子
  • 『幕が上がる』開幕 11 左から玉井詩織、百田夏菜子、高城れに、有安杏果
  • 『幕が上がる』開幕 12 百田夏菜子(左)と佐々木彩夏
  • 『幕が上がる』開幕 13 左から玉井詩織、百田夏菜子、高城れに
  • 『幕が上がる』開幕 14 百田夏菜子
  • 『幕が上がる』開幕 15 玉井詩織
  • 『幕が上がる』開幕 16 高城れに
  • 『幕が上がる』開幕 17 有安杏果
  • 『幕が上がる』開幕 18 佐々木彩夏

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7222