宮本亜門演出 DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』が開幕 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 4

拡大する

DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 5

▲ 左からコシノジュンコ、宮本亜門、フランコドリオ

拡大する

このほかの写真も見る

和太鼓エンターテンイメント集団「DRUM TAO」の最新作『百花繚乱 日本ドラム絵巻』が、10日、佐賀市文化会館で開幕した。

演出に宮本亜門を迎えた本作。ステージは「平和」「天変地異」の2部構成で、DRUM TAOにとっては初めてストーリー性を濃くした内容となっている。獅子舞や人形などの小道具を使ったコミカルな演出や迫力ある殺陣も見どころだ。

初日に先駆け、5日には大分・パトリア日田にてプレビュー公演が行われ、宮本と衣裳のコシノジュンコ、総指揮のフランコドラオによる舞台あいさつが行われた。

フランコドラオ
パトリア日田は、この劇場ができた時にこけら落としで出演させていただきました。ほぼ毎年のようにDRUM TAOはここから作品をつくって世界を回っています。来年2月にはブロードウェイでの公演が決まっています。今回は初めて外からの演出家・宮本亜門さんを迎えて作品をつくりました。衣裳は今年で4回目になります、コシノジュンコさんにつくっていただきました。

コシノジュンコ
これまでもDRUM TAOとご一緒してきましたが、今回は亜門さんと組めてとても楽しみです。すごくうれしい。

宮本亜門
プレビューというのは、まだでこぼこの状態のものをお客さまに観てもらい、そこから正式な初日まで向かっていくんです。ニューヨークでは、プレビューだから観たい、ということもあるくらいです。今日は初の通しで、最初から最後までうまく通るかわかりません(笑)。この瞬間を存分に楽しんでいただければと思います。これまでのDRUM TAOの舞台にはなかった“物語”を取り入れています。

公演は、九州、沖縄、中部、関西と全国を巡り、7月開催の東京公演を含め全51公演を予定している。

この記事の写真

  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 1
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 2
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 3
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 4
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 5
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 6
  • DRUM TAO『百花繚乱 日本ドラム絵巻』開幕 7

インフォメーション

DRUM TAO
『百花繚乱 日本ドラム絵巻』

【スタッフ】構成・演出=宮本亜門 衣裳=コシノジュンコ 総指揮=フランコドラオ

東京公演
2015年7月16日(木)〜7月26日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・料金=全席指定S席7,500(1階・2階)/A席6,000円(3階)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7240