森山未來企画によるダンス作品が愛媛県・内子座にてジャパンプレミア上演 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『Judas, Christ with Soy』左から吉井盛悟、森山未來、エラ・ホチルド

▲ 左から吉井盛悟、森山未來、エラ・ホチルド

拡大する

愛媛県・内子町の芝居小屋「内子座」にて、森山未來の企画による現地滞在型創作のダンス公演『Judas, Christ with Soy(ユダ、キリスト ウィズ ソイ)』が今年7月に行われる。

本作は、森山が文化交流使としてイスラエルに滞在した際に、イスラエル人アーティスト、エラ・ホチルドとともに、太宰治著「駈込み訴え」をベースに制作したパフォーマンス作品。14年9月にイスラエルにてプレミア上演された。

今回は、内子町にて約1カ月間のレジデンス(滞在型創作)を行い、その中で音楽を手掛ける吉井盛悟を迎えてリクリエーションをし、16年に100周年を迎える内子座にてジャパンプレミアとして上演される。

インフォメーション

ダンス・イン・レジデンス
『Judas, Christ with Soy(ユダ、キリスト ウィズ ソイ)』〜太宰治「駈込み訴え」より〜

【スタッフ】企画=森山未來 演出・美術・振付=エラ・ホチルド 音楽=吉井盛悟
【キャスト】森山未來/エラ・ホチルド/吉井盛悟

2015年7月11日(土)・12日(日)
・会場=内子座
・一般前売=5月30日(土)開始
・料金=全席指定S席5,000円/A席4,500円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7244