松井玲奈&横山由依W主演 舞台『マジすか学園〜京都・血風修学旅行〜』が開幕 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『マジすか学園』開幕 1 松井玲奈(左)と横山由依

▲ 松井玲奈(左)と横山由依

拡大する

『マジすか学園』開幕 2 後列左から飯野雅、梅田綾乃、西野未姫、岡田奈々、武藤十夢、谷口めぐ、中列左から永尾まりや、大島涼花、高橋朱里、田野優花、川本紗矢、中西智代梨、前列左から小嶋真子、松井玲奈、横山由依、大和田南那

▲ 後列左から飯野雅、梅田綾乃、西野未姫、岡田奈々、武藤十夢、谷口めぐ、中列左から永尾まりや、大島涼花、高橋朱里、田野優花、川本紗矢、中西智代梨、前列左から小嶋真子、松井玲奈、横山由依、大和田南那

拡大する

このほかの写真も見る

2009年より“ヤンキーたちの青春”をテーマに秋元康の企画・原作で放送されてきた人気テレビドラマシリーズ「マジすか学園」。AKB48グループのメンバーが本格アクションに挑戦した同シリーズが、初の舞台化。ドラマ版に登場したゲキカラとおたべが中心となる舞台限定の完全オリジナルストーリーが展開する。

14日の開幕前日に出演者の囲み会見が行われた。登壇者のコメントは以下の通り。

松井玲奈 ゲキカラ役
観る側がどこにフォーカスを当てるか選ぶことができるというのが舞台の面白いところですので、今まで映像では表現することのなかった細部まで考えてつくり込んでいくことができました。アクションシーンの多い舞台ですので、観ている方にこの熱量が伝わればいいなと思っています。

横山由依 おたべ役
おたべはクールな役で、話し方に抑揚があるタイプではないのですが、ドラマのままで役作りをすると舞台上では存在感が出なくなってしまいます。なので、今までになく熱い感情を出したり、笑ったりして演じていて、それが難しくて苦戦しました。自分自身初めての舞台で戸惑うことも多かったのですが、先輩方が演じてこられた「マジすか学園」の初の舞台化ということで、感動と、ちょっとした笑いをみなさんに届けたいです。これから千秋楽まで、誰一人欠けることなくみんなで最後まで走りきります!

飯野雅 シンパチ役
舞台上で先輩をすごくバカにしている役なので、そこに注目していただきたいです。以前、舞台に出演させていただいた際はセリフがなかったのですが、今回はあります!

谷口めぐ ヘコ役
壬生尾土(みぶびっち)高校は新撰組をモチーフにした名前がついていますが、私のヘコと西野さんの瓜坊だけは実際にいなかった人物なので、自分の中でアメリカンヤンキーのキャラをつくってみました。アメリカンっぽく目立てるように頑張ります。

中西智代梨 近藤役
私の役はキャラが濃く、ちょっと抜けていたり、バカだったりする面白さが出ています。初めての舞台で、演技もそんなに経験がないですが、役柄と似ている部分もあり、自分を出しながら演じています。

武藤十夢 サーノ役
みんな一人ずつ個性があふれていてすごいですけど、その中でも輝けるように、初舞台ですが頑張って演じます。

小嶋真子 カミソリ役
ドラマに続きカミソリ役です。ドラマの設定では高校1年生ですが、舞台の設定は中学3年生ですので、最近の若い子の生意気さを出していきたいです。

田野優花 ガッツ役
私の役は話が展開していく上でとても重要な人物になっています。すごく動きのある役ですが、動くのは普段から大好きで、殺陣やアクションは今自分が一番挑戦したかったことなので、稽古はとても楽しかったです。

川本紗矢 オオイリ役
前回の舞台『AKB49』ではAKBの先輩役をやらせていただき、今回は自分とは全く違うヤンキーの役、しかもビビリなヤンキーなのでとても難しかったです。ヤンキー感を出しつつアクションを楽しめればと思っています。

高橋朱里 ボテ役
馬路須加(まじすか)女学園でサンカク(大島)とオオイリ(川本)とチームケバブを結成してます。
個人的に今回が初舞台でとても緊張しているのですが、お芝居が好きな自分を出していきたいです。

永尾まりや 土方
土方はキレやすい人物ですが、熱い、マジな気持ちが強い役です。コントのシーンも多いので、その中でもマジになったコントをご覧ください。

梅田綾乃 ハジメ役
こんなに殴り掛かるAKBをみなさんは観たことがないのではないでしょうか。以前出演した舞台『AKB49』でも描かれていましたが、それとは違う友情の熱さをみんなと一緒に出していきます。

大島涼花 サンカク役
今回の役はとても女子力が高いんです。ツインテールの髪型も最初は恥ずかしかったのですが、稽古していくうちにそれもなくなりました。今はとても楽しんで演じていますので、お楽しみください。

大和田南那 ゾンビ役
私の出演したシリーズはゲキカラの存在しない時代だったのですが、今回は初めてゲキカラに出会います。中学生の生意気なカミソリゾンビに注目してください。

岡田奈々 沖田役
私は人生で初めて髪を金色に染めました。沖田は高見沢俊彦さんのようなナルシスト……違う!(一同爆笑)。見た目は高見沢さんで、性格はナルシストで格好をつけたがるので、そこに注目してください。

西野未姫 瓜坊役
この舞台で自分の殻を破ります! 眉毛を太くしたり、チークを濃くしたり、そばかすをつけたり、お尻にも……ここは舞台を見てのお楽しみです! すごくキャラが濃いのですが、ちょっとした動きも瓜坊らしくできるように演じています。

公演は19日まで。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7249