アダム・クーパー主演『兵士の物語』が今夏来日 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

イギリスのスター・ダンサー、アダム・クーパーが、今夏、再び日本に登場。東京芸術劇場 プレイハウスにて『兵士の物語』を上演する。

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの製作で04年にロンドンで初演された本作。芝居のパートを俳優が、バレエのパートはダンサーが、それぞれ担うという、それまでのスタイルではなく、すべての出演者が踊り、俳優として演じることで話題となった。

09年以来の来日公演となる今回は、王女役に英国ロイヤル・バレエのプリンシパル、ラウラ・モレーラを迎えるほか、サム・アーチャー(悪魔)、アレクサンダー・キャンベル(ストーリー・テラー)が顔をそろえる。

インフォメーション

英国ロイヤル・オペラ・ハウス版
『兵士の物語』

【スタッフ】音楽=イゴール・ストラヴィンスキー 原作=アファナシェフ 脚本=ラミューズ 演出・振付=ウィル・タケット
【キャスト】アダム・クーパー/ラウラ・モレーラ/サム・アーチャー/アレクサンダー・キャンベル

2015年7月24日(金)〜8月2日(日)
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス
・一般前売=6月20日(土)
・料金=全席指定12,000円/U-25チケット6,000円(ぴあのみ取扱い、当日指定引換、要身分証)

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7251