間もなく開幕 劇団四季×ディズニー『アラジン』公開舞台稽古 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『アラジン』舞台 1 瀧山久志(中央左)と島村幸大

▲ 瀧山久志(中央左)と島村幸大

拡大する

劇団四季『アラジン』舞台 4 岡本瑞恵(左)と島村幸大

▲ 岡本瑞恵(左)と島村幸大

拡大する

このほかの写真も見る

劇団四季のミュージカル最新作『アラジン』の公開舞台稽古が、24日(日)の開幕に先立って行われた。

魔法のランプを手にした青年アラジンの恋と冒険をコミカルに描いたディズニー・アニメを舞台化し、14年3月にブロードウェイで初演された本作。トニー賞作品賞など計5部門で候補に挙がるヒット作となった。今回、『美女と野獣』『ライオンキング』『アイーダ』『リトルマーメイド』と、ディズニーの作品を上演してきた劇団四季により、世界に先駆けての日本上陸が実現した。

アカデミー賞受賞曲“ホール・ニュー・ワールド”に乗せて、アラジンとヒロインのジャスミンが魔法の絨毯(じゅうたん)で夜空を駆ける名場面や、ランプの精ジーニーがエネルギッシュなパフォーマンスを次々と繰り出すビッグ・ナンバー“理想の相棒−フレンド・ライク・ミー”など、異国情緒にあふれた独特の楽曲とともに、華やかなステージが縦横無尽に展開。ロマンスと冒険、コメディー、感動がたっぷり盛り込まれたエンターテインメント作品に仕上がっている。

島村幸大 アラジン役
子どものころから「アラジン」のアニメーションに親しんでいて、アラジンは大好きなキャラクターでした。今回このような大役をいただき光栄に思います。とても華やかで、エンターテインメント性が高いステージですが、それだけではなく、ストーリーには深い感動があります。言葉を通して作品のドラマをしっかり伝えられるよう、誠実に真っすぐに役と向き合っていきたいと思います。

瀧山久志 ジーニー役
ジーニーは、場所も時代も超越した異界の魔人です。4月に劇団四季に正式に入団したばかりの私が、このような大役に挑戦する機会をいただき、とても光栄に思うと同時に、身が引き締まる思いです。『アラジン』はコメディー要素が強い作品ですが、それだけではなく、恋愛、親子愛、友愛など、とても愛にあふれた作品です。たくさん笑って最後にはほろっとなる、この作品の魅力をしっかりお届けできるよう、精いっぱい演じたいと思います。

チケットは16年5月31日(火)公演分まで発売中。なお、公演は16年12月31日(土)までの延長がすでに決定しており、延長公演の一般前売は7月26日(日)から。

この記事の写真

  • 劇団四季『アラジン』舞台 1 瀧山久志(左)と島村幸大
  • 劇団四季『アラジン』舞台 2
  • 劇団四季『アラジン』舞台 3
  • 劇団四季『アラジン』舞台 4 岡本瑞恵(左)と島村幸大
  • 劇団四季『アラジン』舞台 5 島村幸大(左)と岡本瑞恵
  • 劇団四季『アラジン』舞台 6 島村幸大(左)と瀧山久志
  • 劇団四季『アラジン』舞台 7
  • 劇団四季『アラジン』舞台 8 瀧山久志(左)と島村幸大
  • 劇団四季『アラジン』舞台 9

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7259