唐沢寿明主演の連続ドラマ「ナポレオンの村」が7月放送開始 - 2015年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

唐沢寿明が主演を務める連続ドラマ「ナポレオンの村」が、TBS「日曜劇場」枠にて7月より放送開始となる。

ドラマは、過疎の村を4年間で立ち直らせた公務員・高野誠鮮の書籍「ローマ法王に米を食べさせた男」が原案。“スーパー公務員”の浅井栄治が、消滅寸前の限界集落を盛り立てるために奮闘する姿が描かれる。

唐沢演じる浅井は、東京オリンピックのプロジェクトに携わり都庁でもやり手として知られている職員。「役人は役に立ってこそ“役人"である!」という確固たる信念のもと、持ち前の奇抜なアイデアと飛び抜けた行動力で、単身、東京の西の果てにある星河市神楽村に飛び込んでいくというストーリーだ。

そのほか、星河市役所職員で浅井の相棒となる岬由香里役の麻生久美子、浅井の理解者でコンサルタント会社を経営する戸川真人役の山本耕史、浅井を邪魔しようと画策する市長の腰巾着・山田大地役のムロツヨシ、村の神社の神主・菰田(こもだ)孝三郎役のイッセー尾形、困窮した財政を立て直すために神楽村の廃村を陰で進める星河市長・福本純也役の沢村一樹と、共演には個性派・実力派たちが顔をそろえる。

唐沢は「“過疎化”という、現実に起きている問題をどんな方法で解決していくのか、僕個人も興味がありますし、ドラマとしてどう表現していくのか楽しみながら演じたいと思います」と意気込みを見せている。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7276