演出家の高瀬久男さんが死去 - 2015年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文学座の演出家・高瀬久男さんが、1日、都内の自宅で死去した。57歳だった。

山形県出身。80年に玉川大学を卒業後、文学座演劇研究所に入所。85年から座員となり、同劇団の舞台を中心に数々の演出を手掛けた。02年には『モンテ・クリスト伯』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、03年には『スカイライト』『アラビアン ナイト』で毎日芸術賞・千田是也賞を、10年には『冬のライオン』『カラムとセフィーの物語』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。そのほか読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した『NASZA KLASA』(12年)など、さまざまな演出作品が高く評価された。

近年は、がんと闘いながら活動を続け、今月11日に開幕する文学座公演『明治の柩(ひつぎ)』の演出を担当していた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7298