渡辺謙&ケリー・オハラによる“Shall We Dance?”も 「第69回トニー賞授賞式」パフォーマンス・ラインアップが発表に - 2015年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『巴里のアメリカ人』

▲ 『巴里のアメリカ人』

拡大する

『ファン・ホーム』

▲ 『ファン・ホーム』

拡大する

『王様と私』 1 ケリー・オハラ(左)と渡辺謙

▲ 『王様と私』

拡大する

現地時間の6月7日(日)夜に開催される「第69回トニー賞授賞式」のパフォーマンス・ラインアップが発表された。

まずはミュージカル作品賞候補4本から。『サムシング・ロッテン!』はブライアン・ダーシー・ジェイムズ&ブラッド・オスカーを筆頭とした愉快なナンバー“A Musical”、リアン・コープ&ロバート・フェアチャイルド&ブランドン・ウラノウィッツ&マックス・ヴォン・エッセンら『巴里のアメリカ人』のキャストは“’S Wonderful”“I Got Rhythm”、『ファン・ホーム』はシドニー・ルーカス&マイケル・サーヴェリス&ベス・マローンが歌うビッグナンバー“Ring of Keys”、そしてチタ・リヴェラら『ザ・ヴィジット』のキャストは“Love and Love Alone”“I Would Never Leave You”を披露する予定だ。

そして、リバイバル賞候補作『20世紀号に乗って』はクリスティン・チェノウェスを軸に“Life is Like a Train”“On the 20th Century”“I’ve Got It All”“Babette”のメドレーを送るとのこと。対して、トニー・ヤズベックら『オン・ザ・タウン』のキャストは“Lucky To Be Me”“New York, New York”“Times Square Ballet”のメドレーを、『王様と私』は渡辺謙&ケリー・オハラによる“Shall We Dance?”や“Getting to Know You”という人気ナンバーを披露するようだ。

さらに、ヴァネッサ・ハジェンズ主演『ジジ』からは“The Night They Invented Champagne”、マシュー・モリソン&ケルシー・グラマー共演の『ファインディング・ネバーランド』からは“Stronger”が歌われるほか、『ジャージー・ボーイズ』の10周年記念パフォーマンスや、今年ミュージカル・ナンバーを集めたアルバム「ステージズ」をリリースした人気シンガー、ジョシュ・グローバンのスペシャル・パフォーマンスも予定されている。そのほか、ブラッドリー・クーパー、ニール・パトリック・ハリス、アマンダ・サイフリッド、キーファー・サザーランド、スティングら豪華なプレゼンターにも注目だ。

授賞式の模様は、日本では6月8日(月)8:00からWOWOWプライムにて同時通訳版が放送。13日(土)20:00からはWOWOWライブにて字幕版が放送される。

インフォメーション

「生中継!第69回トニー賞授賞式」

【キャスト】案内役=宮本亜門/八嶋智人 ゲスト=黒柳徹子 スペシャル・サポーター=井上芳雄

WOWOWプライム:2015年6月8日(月)8:00〜

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7308