「第69回トニー賞」作品賞はミュージカル『ファン・ホーム』と『夜中に犬に起こった奇妙な事件』 - 2015年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ファン・ホーム』トニー賞2015 パフォーマンス

▲ミュージカル部門作品賞『ファン・ホーム』授賞式パフォーマンスより

拡大する

『夜中に犬に起こった奇妙な事件』

▲ プレイ部門作品賞『夜中に犬に起こった奇妙な事件』

拡大する

「第69回トニー賞」の受賞結果が現地時間の7日、ニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールにて発表された。

ミュージカル部門では、『ファン・ホーム』と『巴里のアメリカ人』が、最多12ノミネートで並んでいたが、作品賞は、オフ・ブロードウェイから進出した『ファン・ホーム』が獲得。作品賞のほか、脚本、楽曲、演出賞など計5部門を制覇した。同作は、レズビアンの作家アリソン・ベクダルによる自伝的グラフィックノベルをもとに、マイノリティーとして生きる父親とすれ違ったまま永遠の別れを迎えた娘の心の旅をつづったものだ。

次いで4部門を受賞したのは『巴里のアメリカ人』と、渡辺謙がブロードウェイに初挑戦した『王様と私』。『王様と私』は、リバイバル作品賞など計4部門に輝き、渡辺のノミネーションで注目を集めた主演男優賞は『ファン・ホーム』のマイケル・サーヴェリスに贈られた。

そして、プレイ部門では、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』が作品賞など計5部門に選ばれた。マーク・ハッドンのベストセラー小説を原作とし、アスペルガー症候群の少年が隣家の犬を殺した犯人を追う様子を描いた同作。13年のローレンス・オリヴィエ賞に続く作品賞獲得となった。

授賞式の模様を生中継したWOWOWでは、13日(土)20:00から、WOWOWライブにて字幕版を放送する。

同じ記事の写真

  • 『ファン・ホーム』トニー賞2015 パフォーマンス
  • 『夜中に犬に起こった奇妙な事件』
  • 『王様と私』トニー賞2015 パフォーマンス1 ケリー・オハラ(左)と渡辺謙
  • 『王様と私』トニー賞2015 パフォーマンス2 渡辺謙(左)とケリー・オハラ
  • 『巴里のアメリカ人』
  • 『サムシング・ロッテン!』トニー賞2015パフォーマンス
  • トニー賞2015レッドカーペット 南果歩(左)と渡辺謙
  • WOWOW「生中継!第69回トニー賞授賞式」スタジオ

インフォメーション

「第69回トニー賞」主な部門の受賞者・受賞作

【ミュージカル部門】

■最優秀作品賞
『ファン・ホーム』

■最優秀ミュージカル脚本賞
リサ・クロン(ファン・ホーム)

■最優秀楽曲賞
『ファン・ホーム』(作曲=ジャニーン・デゾーリ 作詞=リサ・クロン)

■リバイバル賞
『王様と私』

■最優秀主演男優賞
マイケル・サーヴェリス(ファン・ホーム)

■最優秀主演女優賞
ケリー・オハラ(王様と私)

■最優秀助演男優賞
クリスチャン・ボール(サムシング・ロッテン!)

■最優秀助演女優賞
ルーシー・アン・マイルズ(王様と私)

■最優秀演出賞
サム・ゴールド(ファン・ホーム)


【プレイ部門】

■最優秀作品賞
『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(脚本=サイモン・スティーヴンス)

■リバイバル賞
『スカイライト』

■最優秀主演男優賞
アレックス・シャープ(夜中に犬に起こった奇妙な事件)

■最優秀主演女優賞
ヘレン・ミレン(オーディエンス)

■最優秀助演男優賞
リチャード・マッケイブ(オーディエンス)

■最優秀助演女優賞
アナリー・アシュフォード(我が家の楽園)

■最優秀演出賞
マリアン・エリオット(夜中に犬に起こった奇妙な事件)


「第69回トニー賞授賞式 字幕版」

【キャスト】案内役=宮本亜門/八嶋智人 ゲスト=黒柳徹子/柚希礼音 スペシャル・サポーター=井上芳雄

WOWOWプライム:2015年6月13日(土)20:00〜

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7312