演出・三浦大輔「人間の本質的なものが暴かれる瞬間を丁寧に描きたい」 舞台『禁断の裸体』がWOWOWで放送 - 2015年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『禁断の裸体』ビジュアル

拡大する

このほかの写真も見る

ブラジル演劇の巨匠と評されるネルソン・ロドリゲスの戯曲に、三浦大輔(ポツドール)が挑んだ舞台『禁断の裸体』が、WOWOWで6月27日(土)に放送される。

物語の主人公は、妻を亡くして以来、失意に沈むエルクラーノ(内野聖陽)。自殺未遂までも起こした彼を心配した3人のおば(木野花、池谷のぶえ、宍戸美和公)は、神父をエルクラーノに引き合わせるよう、彼の弟パトリーシオ(池内博之)をせかす。だが、兄を救えるのは“女”“セックス”だと考えたパトリーシオが紹介したのは、娼婦のジェニー(寺島しのぶ)だった……。

本作はある家族の崩壊、男女の愛と性、モラルにとらわれることへの警鐘、死への恐怖と生への執着などのテーマをセンセーショナルに描いた人間ドラマ。今回の演出にかんして三浦は「戯曲にはあそこまでのセックスシーンはなかったのですが、今回のテーマを引き出すために必然性を感じて立体化させました」とコメント。加えて「内野さんとは、堅苦しい翻訳劇ではなく、ある種の喜劇だという共通認識のもとにつくり上げました」と明かした。

妻の死から心に傷を負ったエルクラーノを演じた内野は「エルクラーノは情けなくても必死に生きている男・父親。お客さまも“自分にもこういうところある、分かる!”と感じて楽しんでいただけたら」と語っている。

放送は6月27日(土)22:00から。なお、本作と併せて、特集「三浦大輔、過激な夜」と題し、映画「愛の渦」(27日深夜0:50〜)、リリー・フランキー主演の舞台『ストリッパー物語』(27日深夜3:00〜)、峯田和伸、池松壮亮出演の舞台『母に欲す』(28日5:45)と、三浦作品が連続放送される。

同じ記事の写真

  • 『禁断の裸体』ビジュアル
  • 『禁断の裸体』開幕 1 内野聖陽(手前)と寺島しのぶ
  • 『禁断の裸体』開幕 4 内野聖陽(左)と寺島しのぶ
  • 『禁断の裸体』開幕 2 内野聖陽(左)と池内博之

インフォメーション

WOWOW『禁断の裸体』

【スタッフ】作=ネルソン・ロドリゲス 上演台本・演出=三浦大輔
【キャスト】内野聖陽/寺島しのぶ/池内博之/野村周平/米村亮太朗/古澤裕介/榊原毅/宍戸美和公/池谷のぶえ/木野花

WOWOWライブ:6月27日(土)22:00〜

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7351