福島三郎作・演出×河本準一初舞台&初主演『うたかふぇ』公開稽古 - 2015年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『うたかふぇ』公開稽古 1 後列左から、大山真志、菊地美香、陽月華、なだぎ武、前列左から河本準一、福島三郎、牧野由依

▲ 後列左から、大山真志、菊地美香、陽月華、なだぎ武、前列左から河本準一、福島三郎、牧野由依

拡大する

『うたかふぇ』公開稽古 2

▲ 陽月華(奥)と河本準一

拡大する

このほかの写真も見る

2012年、福島三郎が主宰する丸福ボンバーズで初演され、好評を博した『うたかふぇ』が、スタッフ&キャストを一新し、再演される。

“ストレートプレイ・ミュージカル”と銘打ち、ストレートプレイの中に歌を盛りこみ、日常の中にある“音楽”の力を引き出すという本作。舞台はある商店街で人気の、歌声あふれるオープンカフェ。ある日、その街に大型ショッピングモールができて……。

主演を務めるのは、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一。河本は、コントライブなどの座長経験はあるものの、演劇というジャンルではこれが初舞台・初主演となる。今回は歌を愛する、オープンカフェのマスターを演じる。脇を固めるのは、東京音楽大学出身で、声優としても活躍する牧野由依、元宝塚歌劇団宙組娘役トップスターの陽月華、河本のお笑い界の先輩で、ミュージカルへの出演はこれが5作目となるなだぎ武、ほかにも大山真志、菊地美香など、実力派の面々だ。

7月3日の初日に先がけ、稽古場の様子が先日公開された。その後に行われた囲み会見は、稽古場の和気あいあいとした雰囲気が伝わるものとなった。

以下、登壇者のコメント

福島三郎(作・演出)
この作品は、2012年に東京は千歳船橋、仙台は卸町というすごく小さな街で数十人のお客さんを前につくられた芝居です。それがこうやって強力なキャスト、スタッフに参加していただき、たくさんの人にご覧いただける機会を持てたことをすごくうれしく思っております。(“ストレートプレイ・ミュージカル”と銘打ったいきさつについて)単純に面白いかなと思ったんです。真反対の言葉ですから。「ストレートプレイ」をウィキペディアで調べると「ミュージカルじゃない舞台」って書いてありますからね。限りなく日常会話、日常の出来事が起こるお話にして、その中で歌があるっていうジャンルにチャレンジしてみようかなと。そう思ってつくってみました。

河本準一
今回いろいろなことが初めてでございまして、ほかのみなさんは経験があるので、舞台という意味では一番後輩として、自分ができることが何かと考えた時、やっぱりムードメーカーじゃないかと思い、毎日明るく元気に楽しくやらせていただいております。(河本が、本読みの段階でせりふを覚えてきていた話になり)「いくらなんでも台本離すの早すぎません?」ってマーシー(大山真志)が(笑)。初めてのことで分からないから、とりあえず(せりふ覚えは)最低限やらなきゃけないと思ったんですよ。そしたら「いい加減にしてくれ」「なに調子のって覚えてきとんねん」みたいな。初めて頑張って、そんなに怒られるとは思わなかったです(笑)。

牧野由依
普段は声優や歌手のお仕事をさせていただくことがメインにはなっているんですが、今回すてきな作品に出演させていただけることをすごくすごくうれしく思っています。お稽古をしている時もとても楽しいですし、歌うことがこんなに楽しいものなんだな〜っていうのをこの作品にかかわらせていただいて、あらためて感じました。劇場にいらしてくださった皆さまにも、それが伝わったらいいなと思っております。

陽月華
劇場に来るという行為は、このデジタルの時代にとてもアナログなことだと思うんです。でもそこでしか味わえないものがあると私は思っていて。その時の空間で、その時にしか味わえないものを、みんなで一緒に味わうという素晴らしい文化だと思っていますし、そういうことをとても感じられるお芝居になっています。初日までみんなで力を合わせて頑張りますのでぜひ観にいらしてください。

大山真志
本当に観たあとに心が温まる作品になっていると思います。河本さんが座長として引っ張ってくださるので、毎日楽しく舞台の稽古をしながら本番に向けて頑張っていきたいと思います。

菊地美香
普段全然違うフィールドで活躍されている皆さんと一つの作品を一緒につくるということで、きっと新しいものが生まれるんじゃないかと期待しています。演出の福島さんは「とにかく楽しめ。楽しむことでお客さまに伝わる」ということをおっしゃるんですけれど、楽しむって頭で考えるとすごく難しくて。でも初日を迎えるころにはかっこよくて楽しいものを見せられたらいいなと思っております。ご期待ください。

なだぎ武
お笑いのフィールドにいながら今回でミュージカル出演が5作目なんです。でも今回は“ストレートプレイ”って付いているだけあって、お芝居の中に自然に曲が入ってくるっていう今までやってきたミュージカルとはまた違う感じのパターンなので、お客さんも「あっ、こんな感じの初めてだな」って経験するかもしれません。ぜひその辺も楽しんでいただけたらと思っております。

最後は、河本が「すごく現実的な内容なので、観に来られたお客さまが身近に感じられる作品だと思うんです。最後にみんなで楽しく笑って帰れる、そんな舞台になっていますので、ぜひみなさん観に来てください。お願いします!」と締め、会見は終了した。

この記事の写真

  • 『うたかふぇ』公開稽古 1 後列左から、大山真志、菊地美香、陽月華、なだぎ武、前列左から河本準一、福島三郎、牧野由依
  • 『うたかふぇ』公開稽古 2
  • 『うたかふぇ』公開稽古 3
  • 『うたかふぇ』公開稽古 4
  • 『うたかふぇ』公開稽古 5
  • 『うたかふぇ』公開稽古 6
  • 『うたかふぇ』公開稽古 7
  • 『うたかふぇ』公開稽古 8

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7355