成河&深田恭子主演 ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会 - 2015年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『100万回生きたねこ』会見 1 成河(左)と深田恭子

▲ 成河(左)と深田恭子

拡大する

『100万回生きたねこ』会見 2 成河(左)と深田恭子

▲ 会見では劇中曲を披露した

拡大する

このほかの写真も見る

成河&深田恭子が主演を務めるミュージカル『100万回生きたねこ』の製作発表会が、29日に都内で行われた。

77年の初版からロングセラーを重ねる佐野洋子の名作絵本を原作とした本作。13年公演は、森山未來&満島ひかりの主演、そして、イスラエルの演出家ユニット、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックにより上演され、読売演劇大賞4部門にノミネートされるなど好評を博した。

成河&深田の新たな主演コンビを迎える今回。前回の公演を観たという成河は「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがあって、その中に哲学的で詩的なものもある美しい舞台。ミュージカルではあるけども、歌とダンスと芝居がすごく自然に溶け合っていて、このバランスの作品は日本では観たことがなかったのですごく感動した」と語った。

一方、本作で初舞台に挑戦する深田は「前回の映像を見たのですが、独特の世界観に一瞬で魅了されて、この舞台で初舞台が踏めたら幸せなことだなと思いました」とコメント。なお、深田は、CDをリリースした際もライブで歌を披露する機会に恵まれず、生の舞台でパフォーマンスすること自体がほぼ初めてだという。深田は「プレッシャーは、ないわけではないですけど、その日その時間に観に来てくださったお客さまの温かさを励みにしたいなと思います」と意欲を見せた。

インバル・ピント&アブシャロム・ポラックの印象について、二人は「すごくオープンで温かい人。初対面だけど家族のように接してくれて、何でも相談したくなるくらい(笑)。稽古が始まれば厳しい面が見えてくるかもしれないけど、身を任せたくなるようなお二人でした」(成河)、「本当に面白い方たちで、頭で考えるのではなくて、まず声を出してみたり動いてみたりと、今までやったことのないことばかりだったので、これからのお稽古ですごく楽しみにしています」(深田)と、それぞれに振り返った。

さらに、お互いの印象を問われると、成河は「映像ではホワンとした透明感のある印象でしたが、実際にお会いすると芯の強い方だなと。一緒にできることが楽しみです」と期待を寄せた。深田は「今やってらっしゃる舞台(『アドルフに告ぐ』)を拝見して、本当に激しくお芝居をされて圧倒されました。この方と一緒にお芝居できるなら頼もしいなと思いました。先ほども舞台裏で私が緊張していると肩をポンポンと叩いてくれて」と明かすと、成河は「僕の方が緊張してたんですよ(笑)。こういう場にあまり慣れてなくて」と返し、場内は笑いに包まれた。

この日の会見では、バンド演奏をバックに歌声を披露した二人。会見後の囲み取材では「緊張しましたけど、初めて深田さんや楽隊の人と一つ小さなセッションができて楽しかったです」(成河)、「ただただ楽しんでしまいました。セッション自体が楽しいので、この気持ちを皆さんに味わっていただけたらという思いでいっぱいでした」(深田)と語り、手応えを感じている様子だった。

また、成河に「舞台俳優の先輩として(深田への)アドバイスは?」という質問が飛び出すと、成河は「(本作の)表現に使われているコンテンポラリーダンスは初めてなので、僕も初心に返ったつもりでやるんですよ(笑)。ですので、二人とも1年生から。助け合ってできたらなと思います」と気を引き締めていた。

東京公演は8月15日(土)から30日(日)まで。その後、石川・本多の森ホール(9月3日・4日)、大阪・シアターBRAVA!(10月2日〜4日)でのツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『100万回生きたねこ』会見 1 成河(左)と深田恭子
  • 『100万回生きたねこ』会見 2 成河(左)と深田恭子
  • 『100万回生きたねこ』会見 3 成河
  • 『100万回生きたねこ』会見 4 深田恭子
  • 『100万回生きたねこ』会見 5 成河
  • 『100万回生きたねこ』会見 6 深田恭子
  • 『100万回生きたねこ』会見 7 成河(左)と深田恭子

インフォメーション

ミュージカル『100万回生きたねこ』

【スタッフ】原作=佐野洋子(「100万回生きたねこ」講談社刊) 脚本=糸井幸之介/戌井昭人/中屋敷法仁(50音順) 演出・振付・美術=インバル・ピント/アブシャロム・ポラック 音楽=ロケット・マツ/阿部海太郎 歌詞=友部正人 音楽監督=阿部海太郎
【キャスト】成河/深田恭子/近藤芳正/田口浩正/石井正則/銀粉蝶/藤木孝/江戸川萬時/加賀谷一肇/鈴木竜/川合ロン/皆川まゆむ/清家悠圭/鈴木美奈子/山口真美/西山友貴

東京公演
2015年8月15日(土)〜30日(日)予定
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス

石川公演
2015年9月3日(木)・4日(金)
・会場=本多の森ホール

大阪公演
2015年10月2日(金)〜4日(日)
・会場=シアターBRAVA!

過去の関連記事

 

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7368