井上芳雄、安蘭けい、山下リオら出演 串田和美演出で「ひょっこりひょうたん島」が舞台化 - 2015年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

井上ひさしが脚本を手掛け、NHKで放送された人形劇「ひょっこりひょうたん島」が初の舞台化。12月よりBunkamuraシアターコクーンにて上演される。

原作は、火山の噴火から海を漂流することになってしまったひょうたん島を舞台に、個性豊かなキャラクターたちが繰り広げるドタバタ劇。井上と児童文学者・山元護久の脚本で、64年から69年まで、5年間にわたりNHKで放送され、日本中のお茶の間から親しまれた人気作だ。

舞台化にあたり脚本を執筆するのは、宮沢章夫と山本健介(劇団ジエン社主宰)。演出・美術は串田和美が手掛ける。音楽は、宇野誠一郎の名曲を軸に、自ら“ひょうたん島ファン”を語る宮川彬良が担当する。

そしてキャストには、ニヒルな殺し屋マシンガン・ダンディを演じる井上芳雄、教育熱心な美人教師サンデー先生を演じる安蘭けい、子どもたちのリーダー的存在・博士を演じる山下リオ、島に流れ着く海賊トラヒゲを演じる小松政夫、自薦ひょうたん島の大統領ドン・ガバチョを演じる白石加代子など、多彩な面々が顔をそろえる。

インフォメーション


東京凱旋公演
2016年2月3日(水)〜11日(木・祝)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン

1月に長野、大阪、福岡でのツアー公演あり

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7380