ロイドやキートンの無声映画にライブでアテレコ 『声優口演 SPECIAL』製作発表会 - 2015年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『声優口演』会見 1 左から羽佐間道夫、野島健児、山寺宏一、井上喜久子、井上和彦、小山力也

▲ 左から羽佐間道夫、野島健児、山寺宏一、井上喜久子、井上和彦、小山力也

拡大する

『声優口演』会見 8 左から羽佐間道夫、山寺宏一、井上喜久子、小山力也

▲会見ではデモンストレーションが披露された

拡大する

このほかの写真も見る

往年の名作サイレント映画に人気声優たちがライブで声を当てる『声優口演』が今年も開催。11月7日(土)・8日(日)に行われる『声優口演 SPECIAL』の製作発表会が都内で行われた。

ハロルド・ロイドの「ロイドの巨人征服」(7日)とバスター・キートンの「キートンの化物屋敷」(8日)を取り上げる今回。「〜巨人征服」の上演台本として福田雄一が参加するほか、コミックバンド「ポカスカジャン」による生演奏も見どころだ。

会見では、羽佐間道夫、山寺宏一、井上喜久子、小山力也の4人が、デモンストレーションを披露。巧みに声を使い分ける見ごとな演技とアドリブのセッションで会場を沸かせた。

会見での主なコメントは以下の通り。

羽佐間道夫
ずっと無声映画が好きだったんですが、登場人物の口が動いてるけどせりふはしゃべらずに、情景を客観的に語る活弁にどうにもフラストレーションがあったんです。われわれは口の動きに合わせるのが商売ですから、これを取り込んだら面白いことになるんじゃないかなと考えたのがきっかけ。会場は老若男女でいっぱいで、昔、無声映画を見たおじいちゃん、おばあちゃんが、アニメファンの孫と来るんです。一緒に笑って終わった後には「面白かったね」と世代を超えたコミュニケーションが生まれる。それを見て続けようと思ったんですね。また、これを映像で収録しちゃうとなぜか面白くないんです。劇場の空気や一体感の中で声優が演じる姿を見ると急に面白くなる。ぜひ劇場においでください。

山寺宏一
この公演を始めて、声優として新しい道が開けたと思います。ライフワークにしていきたいと思っているので今回も楽しみです。最初に「チャップリンをやってみたら」と言われた時は、もう映画は完成したものだし「そんなことをしてどうするんだろうと」思いました。ところがやってみたら面白くて、アドリブを加えて全カットにせりふを入れたら、とある先輩に「Too Much」と言われました(笑)。でも、ここからもとの映画にも興味を持ってもらえたらと思っています。声優界のレジェンドの方々が吹き替えで作品を面白くするということを体現してきて、僕は子どものころにそれを見てきたんです。僕もそれができる良いチャンス、チャレンジだと思うので、ぜひそれを生でご覧いただきたいと思います。

井上喜久子
井上喜久子17歳です(笑)(会場から「オイオイ」のツッコミ)。今回、2年半ぶりに出させていただけて、今からワクワクが止まりません。普段の私たちのお仕事は最新映画やアニメの仕事。昔の映画に今生きている私たちが声を当てることは、まるで時空を旅しているみたいですてきな公演だなと感じています。17歳の私は、時空の歪みの中で生きているんですけど(笑)。たくさんの方に楽しんでいただけるよう、心を込めてやらせていただきます。

小山力也
羽佐間先輩から呼んでいただいて恐縮しております。これに命を懸けて、ほかの仕事はすべて断って一生懸命頑張ります!(笑)。僕は今回、ロイドをやります。オモロイド!(笑) よろしくお願いいたします。

井上和彦
皆さんの素晴らしい話芸に圧倒されましたが、この仲間の中で一言でもしゃべれるように頑張ります。みんな主役級の人たちですが、メインだけじゃなくて端役まで担当する公演なので本当に楽しみ。僕も技術をいっぱい駆使して臨みたいです。皆さんに楽しんでいただくために僕たちも思い切り楽しみます。

野島健児
井上和彦さんが「一言でもしゃべれるか」というなら、僕はどんな吐息が出せるかというくらいのメンバー。どこまでが台本なのか分からないほど何でもアリなので、果敢に攻めていかなきゃいけないですね。僕が出る8日のメンバーは年齢的に近い人もいるので、ちょっと若めのパワーを集めていきたいと思います。当時映画をつくっていた人にとっては声を入れてつくるのが夢だったはず。僕らがそれを実現させて、皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります。

この記事の写真

  • 『声優口演』会見 1 左から羽佐間道夫、野島健児、山寺宏一、井上喜久子、井上和彦、小山力也
  • 『声優口演』会見 2 羽佐間道夫
  • 『声優口演』会見 3 山寺宏一
  • 『声優口演』会見 4 井上喜久子
  • 『声優口演』会見 5 小山力也
  • 『声優口演』会見 6 井上和彦
  • 『声優口演』会見 7 野島健児
  • 『声優口演』会見 8 左から羽佐間道夫、山寺宏一、井上喜久子、小山力也
  • 『声優口演』会見 9
  • 『声優口演』会見 10

インフォメーション

『声優口演 SPECIAL』

【スタッフ】企画・総合プロデューサー=羽佐間道夫 上演台本=福田雄一(「ロイドの巨人征服」)/伊福部崇(「キートンの化物屋敷」)
【キャスト】7日:羽佐間道夫/野沢雅子/井上和彦/浪川大輔/山寺宏一/小山力也/井上喜久子/三木眞一郎
8日:羽佐間道夫/野沢雅子/若本規夫/堀内賢雄/ゆかな/森田成一/小西克幸/野島健児 演奏=ポカスカジャン

2015年11月7日(土)・8日(日)
・会場=有楽町よみうりホール
・一般前売=7月25日(土)開始
・料金=全席指定S席5,500円/A席4,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7396