劇団四季『ライオンキング』が通算10,000回公演を達成 - 2015年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『ライオンキング』10000回カーテンコール

拡大する

劇団四季ミュージカル『ライオンキング』の通算公演回数が、15日に日本演劇史上初となる10000回を達成した。

“サークル・オブ・ライフ(生命の連環)”というテーマのもと、アフリカ・サバンナで繰り広げられる、ライオンの子・シンバの成長物語を描いた本作。98年の初演以来、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌の5都市で上演が重ねられてきた。現在は、東京(四季劇場[春])と大阪(大阪四季劇場)にてロングラン公演が続いており、5都市すべての街で、連続ロングラン記録を樹立してきた。なお、この記録到達までの期間は16年7カ月で、観客動員数も国内最多の1015万人を誇る。

この日、東京・大阪両公演では本編終演後に、同一の特別カーテンコールを実施。5月末から6月中旬に掛けて行われた「『ライオンキング』ナンバー人気投票」(応募総数12,879件)の上位曲で構成したスペシャルパフォーマンスを披露した。

その後、“10000回”を示す看板と今回特別に製作された『ライオンキング』仕様の高崎だるまが登場。ラフィキ役・青山弥生が「『ライオンキング』にとりまして、この1万回は通過点だと思っております。今後もお客さまへの作品の感動をお届けできるよう、一回一回の舞台を精いっぱい務めてまいります。今後とも変わらぬご支援、ご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」と、感謝の言葉を述べた。

現在、東京公演は12月31日(木)まで、大阪公演は11月29日(日)までの上演が決定している。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7404