中村獅童、上田竜也、前田敦子ら出演 岩松了の新作『青い瞳』が11月に上演 - 2015年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『青い瞳』中村獅童(左)と岩松了

▲ 中村獅童(左)と岩松了

拡大する

このほかの写真も見る

岩松了による書き下ろしによる新作『青い瞳』が、11月にBunkamuraシアターコクーンにて上演される。

物語の舞台は、ある戦争終結後の地域社会。神経のすり減るような戦場での経験を抱えながら、青年ツトムが故郷へ帰還した。戦場と故郷での日々のギャップにとまどい、自らの価値を見失いふさぎ込むツトムの前に、かつて子どものころに自分を心の迷いから救ってくれた“タカシマさん”が現れて……。

帰還兵の青年が、家族への思いと戦争の残酷さのはざまで揺れる日々を繊細なタッチで描きながら、戦争の意味を静かに激しく問いかける作品になるという。

主人公ツトムを演じる中村獅童をはじめ、妹の恋人・サムを演じる上田竜也、妹・ミチルを演じる前田敦子のほか、岩松了、勝村政信、伊藤蘭など、キャストには実力派たちが顔をそろえる。

■中村獅童
岩松了さんの作品に出演させていただくのは08年の『羊と兵隊』以来、7年ぶりです。大好きな岩松さんとまたご一緒できるのでとてもうれしいです。シアターコクーンのステージは歌舞伎以外では初めて立たせていただくのでとてもワクワクしてます。共演者の皆さんも初めての方ばかりなので、今からどんな舞台になるのか楽しみです。

■上田竜也
昨年に引き続き、シアターコクーンの舞台に立てること、そしてオファーをいただけたことにとてもうれしく思っています。岩松さんとは、初めてお仕事をさせていただきますが、演技で求められることを理解し、共演者の方々から芝居を学ばせていただき、今回の役柄を追求し極めたいと思います。

■前田敦子
昨年、初舞台を踏ませていただき、機会があればもう一度チャレンジしたいと思っていたので、まさかこんなに早く次のお話をいただけるなんて、うれしい驚きです。岩松了さんの舞台は、以前に何度か鑑賞させていただいたことがあり、きれいで不思議な世界観にとても引き込まれました。ご一緒できるのが、今からとても楽しみです。

■岩松了
帰還兵を襲う価値観の揺らぎに人間の本質的な問題を感じていたから、というのが執筆の動機です。その帰還兵を『羊と兵隊』の時、身代わり兵隊を演じてくれた中村獅童君が演じてくれるのがうれ
しいし、楽しみ。7年ぶりです。また勝村くんにいたっては、20年ぶり! これも楽しみ。伊藤蘭ちゃんは3度目だけど、前田敦子さんは初めて。二人とも素敵な女優さんだと思っているので、戦争の背後にある女を魅力的に演じてくれるでしょう。あと、帰還兵を取り巻く町の若者たちを、上田竜也君はじめ、ボクのお気に入りの人たちを集めました。現在の日本から透けて見える戦争、その後遺症とも言える戦争がもたらすものを、その中で光る輝く人間関係とともに探っていきたい!

■勝村政信
岩松さんとは、20年ぶりくらいらしいです。その間に、岩松さんの作品を、串田さん、蜷川さんとはやってはいますが……、なんだか少し、ときめいています。

■伊藤蘭
岩松さんならではの独特で深い世界観の中で、今回はどんな母親像と出会い、美しい言葉や物語を紡いでゆけるのか、とても楽しみです。緊張感あふれる濃密な稽古が待ち受けていると思うと今から胸が高鳴ります。なるべく自由に柔軟に役柄と向き合えるよう心掛けたいと思っています。

インフォメーション

『青い瞳』

【スタッフ】作・演出=岩松了
【キャスト】中村獅童/上田竜也/前田敦子/竪山隼太/金井勇太/瑛蓮/田代絵麻/藤木修/篠原悠伸/藤原季節/木原勝利/エミ・エレオノーラ/岩松了/勝村政信/伊藤蘭

2015年11月1日(日)〜26日(木)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン
・一般前売=9月12日(土)開始
・料金=全席指定S席10,000円/A席8,000円/コクーンシート5,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7441