鎌苅健太主演&なるせゆうせい脚本・演出 人気ギャグ漫画「ギャグマンガ日和」が舞台化 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ギャグマンガ日和』ビジュアル

拡大する

増田こうすけの人気ギャグ漫画「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」が舞台化。9月に博品館劇場にて上演される。

聖徳太子に小野妹子、名探偵うさみちゃんにクマ吉君など、歴史上の人物からケダモノまで、数々の個性的なキャラクターたちがシュールなギャグを繰り広げる本作。「月刊少年ジャンプ」での連載開始から15周年を迎えた人気作だ。

主演を務める鎌苅健太をはじめ、ガールズグループ「東京女子流」の新井ひとみと中江友梨、お笑い芸人のボン溝黒(カナリア)、宮下雄也、磯貝龍虎など、キャストには多彩な面々が集結。脚本・演出はなるせゆうせいが手掛ける。

なお、9月19日(土)14:00開演の回は、「宇宙一武道会 土曜昼の主役争奪マッチ」と題した特別公演を実施。鎌苅が出演しないというこの回の主役の座を勝ち取るため、メンバーたちは稽古中から“ガチ勝負”を繰り広げ、当日まで誰が主役になるか分からないという企画だ。

インフォメーション

舞台『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』

【スタッフ】原作=増田こうすけ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」(集英社「ジャンプSQ.」連載) 脚本・演出=なるせゆうせい
【キャスト】鎌苅健太/新井ひとみ(東京女子流)/西山丈也/橋本祥平/宮下雄也/中江友梨(東京女子流)/磯貝龍虎/ボン溝黒(カナリア)/真佐夫/才川コージ/岡田地平/小野由香/服部ひろとし/佐藤蕗子(mizhen)/ナカムラアツシ/安藤ヒロキオ/市川刺身(そいつどいつ)/シカトホクト(ギャンブルグルーヴ)/山本成美

2015年9月16日(水)〜21日(月・祝)
・会場=博品館劇場
・料金=全席指定 プレミアム席8,500円(前方席&非売品グッズ付)/一般席6,800円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7458