瀬戸康史主演×末満健一脚本×岡村俊一演出『夕陽伝』キャストビジュアル&コメントが到着 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
Dステ『夕陽伝』キャスト 上段左から高橋龍輝、小芝風花、中山義紘、池岡亮介、瀬戸康史、遠藤雄弥、荒井敦史、宮崎秋人、鈴木裕樹、三好大貴、山本亨、前山剛久

▲ 上段左から高橋龍輝、小芝風花、中山義紘、池岡亮介、瀬戸康史、遠藤雄弥、荒井敦史、宮崎秋人、鈴木裕樹、三好大貴、山本亨、前山剛久

拡大する

瀬戸康史主演のDステ第17弾公演『夕陽伝』のキャストビジュアルと、瀬戸らのコメントが到着した。

脚本・演出に末満健一&岡村俊一のタッグを迎える本作。大和朝廷の時代を舞台に、大王の子どもとして生まれた兄弟・海里と都月や彼らの幼なじみの陽向を軸に、運命に翻弄される若者たちの姿を描き出す。

瀬戸演じる海里の兄弟役である都月を担うのは宮崎秋人。ヒロイン・陽向役には小芝風花を迎える。そのほか、鈴木裕樹、高橋龍輝、荒井敦史、池岡亮介、前山剛久らD-BOYSメンバーに加え、元メンバーの遠藤雄弥も顔をそろえる。

■瀬戸康史
人が人を思うからこそ崩れてしまう、はかなく、切ない物語。今作は言葉や殺陣などを通して、登場人物たちの心の叫びを感じる作品です。幻想世界やそれぞれの思いが投影された殺陣、恋愛などのエンターテインメント要素を、岡村さんがどのように演出されるのか楽しみですし、“逃れられない運命を受け入れて、それでも生きていきますか?”と脚本の末満さんからは問われている気がします。作品に込められたメッセージ、そして、舞台だからこそ感じられる、僕らの汗や息づかい、匂いを感じにいらしてください。

■末満健一(脚本)
僕が10〜20代のころ、“未来”というものは今よりもう少し明るいものであったように記憶しています。今の若い人たちには“未来”はどのように見えているのでしょうか。この芝居をつくりながら、どこかでそんなことを瀬戸君に聞いてみたい。あくまで直感ですが、瀬戸君からは思いもよらぬ言葉が聞けるのではないでしょうか。『夕陽伝』は過去から未来へと問いかける物語です。僕は瀬戸君やこの作品にかかわる若いみんなに、物語を通じて問いかけたいと思います。

■岡村俊一(演出)
瀬戸くんは、テレビドラマなどで見せる繊細な二枚目の印象が強いが、今回の『夕陽伝』では、激しさや怒りを前面に出した主人公を演じてもらおうと思う。一皮むけた“NEW瀬戸康史”にご期待ください。

インフォメーション

Dステ17th『夕陽伝』

【スタッフ】脚本=末満健一 演出=岡村俊一
【キャスト】瀬戸康史/宮崎秋人/小芝風花/鈴木裕樹/荒井敦史/池岡亮介/前山剛久/高橋龍輝/中山義紘/三好大貴/遠藤雄弥/山本亨

■東京公演
2015年10月22日(木)〜11月1日(日)
・会場=サンシャイン劇場

■大阪公演
2015年11月21日(土)〜22日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定7,800円

*記事中の宮崎秋人の「崎」は正しくは「立つ崎」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7462