三遊亭円朝役は加藤武さんに代わり文学座・坂部文昭に 可児市『すててこてこてこ』が追悼公演として上演 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

7月31日に死去した加藤武さんが主演を務める予定だった舞台『すててこてこてこ』が、文学座・坂部文昭の代役により上演されることとなった。

岐阜県・可児市文化創造センターと文学座の共同制作で上演される本作。三遊亭円朝とその弟子・円遊の師弟関係を軸に、明治という新時代の荒波に翻弄されながらも必死に生きる落語家たちを描いた吉永仁郎の傑作戯曲だ。

演出・西川信廣とプロデューサー・衛紀生が協議した結果、代役は加藤さんが代表を務めた文学座に所属する坂部が務めることに。坂部は、98年と07年に出演した『怪談 牡丹燈篭』に続き再び円朝を演じることとなる。

衛は「加藤武さんは今回の円朝役に並々ならぬ情熱を燃やしておりました。その無念を思いますと、高い舞台成果をあげることこそが彼岸の加藤さんへの心からの供養となると思っております。その旨を心得、本公演を“加藤武追悼公演”とさせていただきます。加藤さんの情熱を、キャスト・スタッフ全員が受け継ぎ、最高の舞台をつくり上げたいと思います」と語っている。

インフォメーション

可児市文化創造センター×文学座
加藤武追悼
『すててこてこてこ』

【スタッフ】作=吉永仁郎 演出=西川信廣
【キャスト】坂部文昭/春風ひとみ/千葉哲也/福本伸一/鍛治直人/岸槌隆至/大場泰正/加納朋之/高塚慎太郎/石川武/鈴木亜希子

■岐阜公園
2015年9月26日(土)〜10月3日(土)
・会場=可児市文化創造センター 小劇場
・料金=全席指定4,000円/18才以下2,000円

■東京公演
2015年10月11日(日)〜18日(日)
・会場=吉祥寺シアター
・料金=全席指定5,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7467