土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、笹本玲奈、吉沢梨絵出演 こまつ座『マンザナ、わが町』が18年ぶりに上演 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『マンザナ、わが町』左から土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、笹本玲奈、吉沢梨絵

▲ 左から土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、笹本玲奈、吉沢梨絵

拡大する

こまつ座は、井上ひさし作『マンザナ、わが町』を、10月に紀伊國屋ホールにて上演する。

1942年3月、真珠湾攻撃以来“排日”の気運が高まる中、アメリカ西海岸に住んでいたおよそ11万人の日系アメリカ人が、急造された10カ所の収容所に強制収容される。その1つ「マンザナ収容所」に、5人の女性たちが集められる。所長は、彼女たちに「マンザナは強制収容所ではなく、日系人たちの自治によって運営される一つの町なのだ」という内容の朗読劇『マンザナ、わが町』を上演するよう命令を下すのだが……。

戦後70年を迎え、戦争安保法案やヘイトスピーチが問題となっている今、戦時下に国籍や民族を越えて、一人ひとりの人間として立とうとした女性たちを描いた本作を18年ぶりに送る。

知的でリーダー格のジャーナリスト・ソフィア岡崎を演じる土居裕子、日本への思いが人一倍強い浪曲師・オトメ天津を演じる熊谷真実、物語の鍵を握るサチコ斎藤を演じる伊勢佳世、アメリカでの成功を夢見る歌手・リリアン竹内を演じる笹本玲奈、撮影現場で悔しい体験を重ねてきた映画女優・ジョイス立花を演じる吉沢梨絵と、多方面で活躍する女優たちが顔をそろえる。

インフォメーション


こまつ座 第113回公演・紀伊國屋書店提携
『マンザナ、わが町』

【スタッフ】作=井上ひさし 演出=鵜山仁
【キャスト】土居裕子/熊谷真実/伊勢佳世/笹本玲奈/吉沢梨絵

2015年10月3日(土)〜25日(日)
・会場=紀伊國屋ホール
・チケット発売中
・料金=全席指定7,000円/夜チケット6,500円/学生割引4,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7469