92年『鍵のないトイレ』から最新作『燃えるゴミ』まで WOWOWでシティボーイズコント全集22作品を一挙放送 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
シティボーイズ

▲ シティボーイズ

拡大する

大竹まこと、きたろう、斉木しげるのコントグループ「シティボーイズ」のコント全集22作品がWOWOWにて一挙放送される。

79年に結成し、80年代から定期的にコント公演を続けてきた彼ら。今回、「最後の!?シティボーイズ大特集(1992-2015)」と題し、92年の『鍵のないトイレ』(8月17日放送)から、今年6月の最新作の『シティボーイズ ファイナル part.1「燃えるゴミ」』(8月22日放送)まで、全22作品を放送する。

さらに、『燃えるゴミ』の放送直前である、22日(土)19:30からは、3人が自ら鑑賞のポイントを徹底解説するスペシャル番組「生放送! シティボーイズ スペシャル企画」が放送される。彼らが36年の歳月をかけてたどり着いたという今回のコント。深読みした時に見えてくる本音や、作品に潜むテーマなど、より掘り下げた楽しみ方ができそうだ。

放送スケジュールは公式サイトを参照。

■大竹まこと
全部で22本か。オーバーに言えば、1年の三分の一くらいをこのライブに使ってきたんだね。自分の人生の証拠みたいな感じがする。私の顔が曲がったり、斉木が借金で大変な時も、きたろうが骨折した時も止めなかった。かかわってくれた人全部の作品かも知れない。感謝だね。

■きたろう
今の時代でも通用するコントがあるかどうか。自分たちがやってきたコントの普遍性を確かめるのはちょっと、自慢でもあるが、恥ずかしい。無謀ともいえる大特集を決断した一人の男に感謝したい。一人の熱意は、事を動かせるもんだね。

■斉木しげる
大変名誉なことと恐縮しております。私自身、持っていない作品も数多くあり、楽しみでもあります。

【おすすめの作品は?】
■大竹まこと
『マンドラゴラの降る沼』と『燃えるゴミ』。『マンドラゴラ〜』でのテント公演は思い出深い(“アングラ”をテーマに、池上本門寺の境内に大テントを張って公演を行った)。いとうせいこうがバランス崩しながら参加してくれたり、公演中のとてもいいタイミングで外からカラスの声が聞こえたり、オープニングの崖上のコントもね。今回の『燃えるゴミ』もとても刺激的だった。3人だけで良くやったよね。もう66才なのに。終わった感じがまだしなくて、今も空中を浮遊してるみたいだ。

■きたろう
『灰色の男』(『愚者の代弁者、西へ』より)。シティーボーイズの関係性がはっきり分かる作品で、今回の作品と通じる役割分担が出てると思う。そしてぼくたちにしかできない作品だと思う。

■斉木しげる
『愚者の代弁者』。皮肉だよね。人生は。ちょっと視点を変えればって……、私も笑っちゃいます。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7476