CGアニメ映画「GAMBA ガンバと仲間たち」悪役ノロイの声を野村萬斎が担当 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「GAMBA」野村萬斎

▲ 野村萬斎

拡大する

映画「GAMBA」野村萬斎 3

拡大する

このほかの写真も見る

「ALWAYS 三丁目の夕日」「STAND BY ME ドラえもん」を手掛けた映像制作作会社「白組」が名作児童文学を3DCGアニメ化した「GAMBA ガンバと仲間たち」。本作で主人公ガンバたちの敵役である白イタチ・ノロイの声を野村萬斎が演じている。

小さなネズミたちの冒険物語を描いた「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」。ミュージカルやテレビアニメなどに翻案され、幅広い年代に親しまれてきた。今回の映画は、白組が持てる技術をすべて集約させ、原作を新たに3DCGアニメとしてよみがえらせたものだ。

テレビアニメ「ガンバの冒険」では、冷酷で残忍なキャラクターで多くの人びとに強い印象を残した強敵ノロイ。今回の映画版では、原作に近い中性的な性格になりつつも、威厳に満ちた存在に仕上がっていることのことだ。宮崎駿監督「風立ちぬ」のカプローニ役に続き2度目の声優となった萬斎は、昔から演じてみたかったという悪役に挑戦している。

■野村萬斎
ノロイは非常に重要な役どころで、しかも悪役。昔から悪役をやってみたかったということもあり、本当に楽しく演じさせていただきました。ノロイは、怖さと魅惑的なところを兼ね備えた、カリスマ性のあるキャラクターで、最初に浮かんだイメージは「ガッチャマン」と敵対するベルク・カッツェでした。ノロイの個性をうまく表現するために、ずっと気張っているだけでは怖くないので、少し女性的なふんわりした面を見せながら、突然スパッと切り込むような、振れ幅の大きさを表現したいと思っていました。最初は自分のキャラクターを出すことに専念していましたが、終わるころにはすっかりノロイになってしまったと思います。大激闘した時には、リアクションなど、本当に格闘しているような感じで、全身を使ってアフレコさせていただきました。アフレコって、大変だなと思いました(笑)。ネズミたちの友情、家族愛がもちろん基本にはありながら、皆で力を合わせて戦う、息もつかせぬ展開になっております。どんでん返しに、僕も完全に引き込まれて魅入ってしまいました。老若男女楽しめる映画になっており、私も子どもたちと一緒に見たいと思っています。ぜひご家族で観ていただきたいと思います。

同じ記事の写真

  • 映画「GAMBA」野村萬斎 1
  • 映画「GAMBA」野村萬斎 2
  • 映画「GAMBA」ノロイ ポスター
  • 映画「GAMBA」野村萬斎 3
  • 映画「GAMBA」ポスター

 

インフォメーション

映画「GAMBA ガンバと仲間たち」

【スタッフ】原作=「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」斎藤惇夫・薮内正幸(岩波書店刊) 企画・総監督=小川洋一 監督=河村友宏/小森啓裕 脚本=古沢良太 音楽=ベンジャミン・ウォルフィッシュ
【キャスト】梶裕貴/神田沙也加/高木渉/矢島晶子/高戸靖広/藤原啓治/池田秀一/大塚明夫/野沢雅子/野村萬斎

2015年10月10日(土)2D/3D全国ロードショー

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7477