「爆音映画祭 in 相模大野」で飴屋法水&椹木野衣『グランギニョル未来2014』が上映 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『グランギニョル未来2014』

拡大する

昨年、惜しまれつつ閉館した吉祥寺バウスシアターの名物企画「爆音映画祭」が、相模女子大学グリーンホールで開催。同映画祭にて、演出家・飴屋法水と批評家・椹木野衣らによる演劇公演『グランギニョル未来2014』の記録映像が上映される。

爆音上映とは、通常の映画用セッティングとは異なり、音楽ライヴ用のスピーカーを増設するなどして、音量・音質を綿密に調整した環境で映画を上映するというもの。映像の中のかすかな物音も聴こえるほどの大音量で、ギリギリまで洗練された音響設定により、通常の映画館では体験できない観賞が可能となっている。

『グランギニョル〜』は、85年に起きた日航機事故を題材とし、昨年8月に横浜で行われた演劇公演。今回、公演の模様を5つのカメラで多角的に撮影した映像を、河合宏樹(映画「ほんとうのうた朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って」)らが、爆音上映用に特別編集したものになるという。また、上映後には飴屋、椹木、山川冬樹によるトークも開催予定だ。

同作のほか映画祭では、佐藤伸治率いるバンド「フィッシュマンズ」のラストライブ映像「男達の別れ 98.12.28@赤坂BLITZ」、ドイツ・フランクフルトで開催された日本映画祭第15回ニッポン・コネクションにてニッポン・ビジョンズ部門審査員賞を受賞した「THE COCKPIT」、染谷将太の監督作「シミラー・バット・ディファレント」と出演作「5windows」、爆音上映リクエスト作品「ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外音楽堂」、キアヌ・リーブス出演「マトリックス」、今敏監督「パプリカ」など、全9プログラムを予定している。

開催期間は、10月1日(木)から4日(日)まで。チケットは全席自由で、前売1,300円、当日1,500円。詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7484