小泉今日子&風間杜夫が倦怠期の夫婦役に 岩松了作・演出『家庭内失踪』が上演 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『家庭内失踪』小泉今日子(左)と風間杜夫

▲ 小泉今日子(左)と風間杜夫

拡大する

岩松了が作・演出を手掛ける、M&Oplaysプロデュース公演『家庭内失踪』が、16年3月より東京・本多劇場など全国11カ所にて上演される。

元高校教師の夫と、彼の後妻となった女性・雪子。夫は定年退職を迎え、雪子も40歳を過ぎ、倦怠の空気が漂う二人のもとに前妻の娘が現れる。微妙な関係となった3人のもとに、娘の夫の部下や行方をくらましていた近所の男が絡み、事態は思わぬ方向へ転がり始める……。岩松が89年に岸田戯曲賞を受賞した『蒲団と達磨』の後日譚ともいえる、笑いと謎に満ちた“岩松的ホームドラマ”になるという。

物語の軸となる年の差夫婦を演じるのは、08年の岩松の舞台『恋する妊婦』でも夫婦役を演じた小泉今日子と風間杜夫。そして、共演には小野ゆり子、落合モトキ、坂本慶介ら実力派たちが出演し、岩松自身もキャストに名を連ねる。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7497