21人の若手女優が挑戦 平田オリザ脚本×本広克行演出『転校生』が上演中 - 2015年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『転校生』開幕 1

拡大する

『転校生』開幕 11

拡大する

『転校生』開幕 12 後列左から、森郁月、永山香月、秋月三佳、多賀麻美、石渡愛、芦那すみれ、石山蓮華、藤松祥子、堺小春、吉田圭織、川面千晶、前列左から、逢沢凛、伊藤優衣、清水菜月、折舘早紀、桜井美南、本広克行、坂倉花奈、伊藤沙莉、今泉玲奈、生田輝、南佳奈

▲ 後列左から、森郁月、永山香月、秋月三佳、多賀麻美、石渡愛、芦那すみれ、石山蓮華、藤松祥子、堺小春、吉田圭織、川面千晶、前列左から、逢沢凛、伊藤優衣、清水菜月、折舘早紀、桜井美南、本広克行、坂倉花奈、伊藤沙莉、今泉玲奈、生田輝、南佳奈

拡大する

このほかの写真も見る

平田オリザ脚本×本広克行演出コンビによる舞台『転校生』が、22日より、Zeppブルーシアター六本木にて上演中だ。

94年に初演された平田の戯曲を、若手女優発掘プロジェクトとして、本広の演出により新たに上演する本作。ある高校の教室を舞台に、「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」という“転校生”をめぐる、21人の女子高生たちの群像劇が描かれる。

キャストは1474名の応募の中から選び抜かれた21名のフレッシュなメンバーだ。本広は彼女たちについて「みんなで一つの作品をつくるというのが(選考の)大テーマ。前に出過ぎる人ではなく、みんなのことを考えてお芝居する子たちです」とコメント。続けて「あとは、丈夫そうな子を選びました(笑)。一人欠けると全部狂ってしまうので、よく初日に来れたなと思っています」と、笑いを交えながらも感慨深い様子をのぞかせた。

客席へ大きく張り出したステージや、舞台上に設置されたキャストの控室など、独特のセットが組み上げられた本作の舞台。平田作品ならではの「同時多発会話」が展開する一方で、スクリーンにはビデオカメラで撮影されたステージ上の模様などが映し出され、さまざまな情報が舞台に織り込まれる。本広は「僕の中では映画と演劇の中間を狙っています。キャストだけでなく、映像を撮っているのも若手の監督さんたち。これがいろいろな出会いの場になって、たくさんの作品が生まれて、みんながスターになって、僕らのやってきたことが10年後に評価されたらいいなと思っています」と意欲を見せた。そして「いつもみたいに“ザ・エンターテインメント”をやってないので、観る人によってまったく反応が変わってくると思うので楽しみですね」と語った。

そんな本広の演出について問われると、イキウメ『片鱗』や『墓場、女子高生』に出演するなど舞台でも活躍する清水葉月は「ちょっと一歩引いて、みんなの出るエネルギーを待ってくださる感じ。初めからこうだとか決めずに、みんなの良いところを引っ張り上げて融合させていく」と述べた。これに本広は「演出家って上から怒って制圧すると楽なんですけど、この子たちは怒ってしまうと何も出なくなってしまうかと思ったので待つしかなかった。初日の今日ですらまだ待っている状態です。本当に気が長くて良かったです(笑)」と心境を明かした。

ストーリーのカギとなる転校生・大西由美を演じるのは、岩井俊二が手掛けたドラマ「なぞの転校生」のヒロインを務めた桜井美南。桜井は「稽古が始まった時は役が決まっていなくて、みんなでいろいろな役を何回も回して演じていく中で、大西由美という役をやりたいなと思うようになりました。役が決まった時は、すごくうれしくかったのと同時に、初舞台への不安もありましたが、21人全員でやっていくうちにこの役をやれてよかったなと思いました」と笑顔を見せた。

なお、今回は堺正章の娘である堺小春が、キャストの一人に選ばれている。ミュージカル『アニー』への出演経験があるものの、今回が8年ぶり芸能活動となる堺は、そのきっかけを「たまたま舞台を観に行った時にもらったチラシで知りました。締切3日前だったんですが、なにか感じるものがあったのか“受けなきゃ!”って決心したんです」と振り返った。父とのコミュニケーションについて問われると「普段よりもメールが来る頻度が高くなりました(笑)。小屋入り前には“稽古で苦しみ、本番で楽しむのです”という言葉をもらいました」と明かした。そして「今後も、芸能活動を続ける意思はあります。この舞台は、すごく良いきっかけになったと思うので、21世紀に羽ばたく女優さんになれたらいいなと思います」と目を輝かせた。さらに、報道陣から、堺正章の料理番組でのおなじみのせりふになぞらえ「この舞台の星はいくつですか?」というフリが飛び出すと、大きな笑顔で「星3つです!」と応え場を盛り上げた。

そのほか、キャストたちのコメントは以下の通り。

■逢沢凛
他愛のない会話が繰り広げられる舞台ですが、観に来ていただいた方に青春を思い出してもらえるような甘酸っぱい作品にしたいです。

■秋月三佳
開場からずっと何かが起こっているので、劇場に観に来てほしいです。

■芦那すみれ
永遠なものはないということが語られている作品だと思うので、一瞬一瞬を楽しんで演じられたらと思います。

■生田輝
ふとした日常の中で、思い出していただけるような舞台になればいいなと思います。

■石山蓮華
21人の女の子たちの個性がうねりになって出ていると思うので、ぜひ皆さんにそこを楽しんでいただけたらと思います。

■石渡愛
舞台に立つ人数が多いので、せりふをちゃんと反射させて、いい空気感の舞台にしたいです。

■伊藤優衣
「どれだけ日常に近付けられるか」が目標なのでリラックスしてやりたいなと思います。観に来てくださった方が「ああ、こんな青春時代いいな」と思ってもらえるような舞台にしたいです。

■伊藤沙莉
どこを観ても面白い作品になっていると思いますし、本広さんの小ネタがいっぱい入っているのでそこも楽しんでください。

■今泉玲奈
答えのない問題を投げかけている作品なので、観終わった後にそれぞれの答えを見つけていただけたらいいなと思います。

■折舘早紀
観ていただいたお客さまに「生きるということ、生まれることは、どういうことか?」と、お家まで持ち帰ってもう一度考えていただけたらと思います。

■川面千晶
21年前の平田オリザさんの戯曲で、あまりなじみのない現代口語演劇ですが、それを今の人たちが観てどう感じていただけるか興味深いです。ぜひ感想を聞かせてください。

■堺小春
21人のキャラクターや本広さんの演出、映像と、すごく見どころが満載なので、お客さん一人ひとりが違った感想を持っていただけたらうれしいです。

■坂倉花奈
21人の女子高生が同時にしゃべる舞台で、細かいところにも本広さんのこだわりやエンターテインメントがまぶされているのでそちらも楽しんでいただけたらいいなと思います。

■桜井美南
同時多発でいろいろな会話が起きているので、何回も観に来てもらって自分の好きな会話を聞いていただけたらなと思います。

■清水葉月
この21人と本広さんとスタッフとで、熱いけどさわやかな舞台になったらいいなと思います。

■多賀麻美
21人の女優の個性とフレッシュさ、本広さんの斬新な演出、オリザさんの戯曲の中に隠された普遍的なテーマが融合された舞台なのでぜひ楽しんでいただきたいです。

■永山香月
見どころは全部です! よろしくお願いします!!

■藤松祥子
どこを観ても楽しめる舞台なので、皆さんの好きなところを観ていただいて、自分の高校時代に戻れるような作品になったらいいなと思います。

■南佳奈
私たちが何気なく会話していますが、その一つひとつに意味が込められていると思うので、丁寧に演じたいと思います。

■吉田圭織
21人に21通りのやり方や感じ方があるし、同時多発会話は少し難しいかもしれませんが、笑える小ネタもたくさんあると思うので注目して観てください。

■森郁月
何度観ても新しい発見がある舞台だと思うので、ぜひ最後まで観に来ていただけたらと思います。

公演は9月6日(日)まで。なお、公演期間中には、ももいろクローバーZ、ムロツヨシを迎えたアフタートークショーも企画されている。詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『転校生』開幕 1
  • 『転校生』開幕 2
  • 『転校生』開幕 3
  • 『転校生』開幕 4
  • 『転校生』開幕 5
  • 『転校生』開幕 6
  • 『転校生』開幕 7
  • 『転校生』開幕 8
  • 『転校生』開幕 9
  • 『転校生』開幕 10
  • 『転校生』開幕 11
  • 『転校生』開幕 12 後列左から、森郁月、永山香月、秋月三佳、多賀麻美、石渡愛、芦那すみれ、石山蓮華、藤松祥子、堺小春、吉田圭織、川面千晶、前列左から、逢沢凛、伊藤優衣、清水菜月、折舘早紀、桜井美南、本広克行、坂倉花奈、伊藤沙莉、今泉玲奈、生田輝、南佳奈

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7500