ブロードウェイミュージカル『ピピン』が開幕 - 2015年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ピピン』開幕 1

拡大する

『ピピン』開幕 2

拡大する

このほかの写真も見る

本日4日に、東急シアターオーブで開幕したブロードウェイミュージカル『ピピン』。その初日公演に先駆け、リハーサルの一部が公開された。

紀元8世紀のローマ帝国を舞台に、帝国後継者の王子ピピンの自分探しの旅を描いた本作。『シカゴ』のボブ・フォッシー(演出・振付)や『ウィキッド』『ゴッドスペル』のスティーヴン・シュワルツ(作詞・作曲)により、72年に初演されたミュージカルだ。今回は、13年に開幕し、トニー賞4部門に輝いたリバイバル版が来日した。

リハーサルは、キャッチーな楽曲“Magic To Do”でスタート。ステージ全体を使ったサーカスアクロバットや、ボブ・フォッシーがつくり出した“フォッシースタイル”の魅惑的なダンスなど、妖艶かつ迫力のあるパフォーマンスが繰り広げられた。

そして、本公演のスペシャルサポーターを務める女優・米倉涼子が、ピピン王子役のブライアン・フローレスにエスコートされ、ステージに登場。米倉は「いよいよ来た! 舞台いっぱいに展開されるエンターテインメントのどこを見ても興奮する。あちこちでダンスが展開されるので、今、このオープニングを観ただけで500キロカロリーくらい消費した気がする(笑)。ボブ・フォッシーのダンスを『シカゴ』で経験したが、キレイに見えるフォームが難しい。彼のスタイルは、多くのアーティスト、ダンサーのあこがれ」と、『ピピン』の魅力を熱く語った。

また、トニー賞受賞経験のあるピピンの父・チャールズ役のジョン・ルービンスタインやピピンの祖母バーサ役のプリシラ・ロペスに米倉は「トニー賞は、どうやったら獲れますか?」と単刀直入に尋ねると、ルービンスタインは「運がすべてだね。その時にノミネートされるような作品に出演できているか、またそういう配役をもらえているか。まずはそこだね」と答えた。一方、ロペスは「運だけじゃなく才能も大事。全身全霊で演じること。でも、ちょっと思うのは、トニー賞のトロフィーを売ったらいくらになるの?ってことね(笑)」とユーモアを交えて返した。

最後に、米倉は「舞台上ではあちらこちらですごいパフォーマンスをやっているので、隅々まで見逃さないでほしい。英語上演だが、日本公演では日本語字幕があるのでストーリーも楽しめる。ラストが強烈。これ以上は、言っちゃいけないんだけど(笑)。シリアスだけじゃなく、コミカルなシーンもいっぱいあるのが、このショーのいいところ。一緒に参加する気持ちで、ステージと心が一つになれば、さらに楽しめるはず」とアピールした。

公演は20日(日)まで。なお、米倉による特別番組「米倉涼子のミュージカルライフ〜ブロードウェイ生活と『ピピン』との出会い〜」が、明日5日(土)、9:55よりフジテレビ(関東のみ)で放送される。ミュージカルファンはこちらも併せてチェックしておこう。

この記事の写真

  • 『ピピン』開幕 1
  • 『ピピン』開幕 2
  • 『ピピン』開幕 3
  • 『ピピン』開幕 4
  • 『ピピン』開幕 5
  • 『ピピン』開幕 6
  • 『ピピン』開幕 7
  • 『ピピン』開幕 8
  • 『ピピン』開幕 9

インフォメーション

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

【スタッフ】脚本=ロジャー・O・ハーソン 作詞・作曲=スティーヴン・シュワルツ 演出=ダイアン・パウルス サーカス・クリエーション=ジプシー・スナイダー 振付=チェット・ウォーカー

2015年9月4日(金)〜20日(日)
・会場=東急シアターオーブ
・料金=全席指定S席13,000円/A席11,000円/B席9,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7534