アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲『ヨセフと不思議なテクニカラーのドリームコート』がシアターオーブで上演 - 2015年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『オペラ座の怪人』『キャッツ』などの人気作を手掛ける、アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲のミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラーのドリームコート(ヨセフ&ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート)』が、16年7月に東急シアターオーブにて上演される。

『ジーザス・クライスト=スーパースター』『エビータ』を送り出したティム・ライス(脚本)とのコンビによる初期の作品で、73年にウエストエンドで初演された本作。82年にはブロードウェイへ進出し、トニー賞7部門にノミネートされるなど好評を博した。さらに、99年に映画化されるなど、現在も世界各国で約30年間にわたるツアー公演が継続中という人気作だ。

作品は旧約聖書の「創世記」より、ヨセフの物語をモチーフとしたもの。父ヤコブから、カラフルなコート(=テクニカラーのドリーム・コート)を授かったヨセフが、旅の中でさまざまな苦難を乗り越えながら成長していく姿を描く。すべてのせりふを音楽に乗せて歌うオペラ形式のミュージカルで、ポップス調の親しみやすい音楽とともに夢と希望の物語がつづられる。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7560